涼しくなって過ごしやすくなった仕事場で

0

    昨日研いだばっかりの刃物が切れてへん。

     

    別の切り出しに持ち換える。・・あかん、これも切れてへん。

     

     

    時々こんなことがある。

    お地蔵さんの仕上げをするには、切れ味が足りひん研ぎ上がり。

    これでは仕上げは出来ひんで〜。

    さぁどうしよう?

    どこに行って何をしたら切れるようになるやろうか?

     

    そんなふうに考えるのは、自分でもよぉわからへん位の小さい気持ちの乱れが研ぎに出るからで。

     

    とりあえずもう1回研いでみよう。

    それであかんかったら、別のこと考えよう。

     

     

    どうにもならなくて、気分転換が必要なときもある。

    でも仕事がしたい。

    なんとかならへんかなぁ。

     

    ベランダの植木を眺めて、

    お茶を飲んで休憩して、

    それから座って、砥石に向かう。

     

     

    裏研ぎが甘かったのかもしれへん。

    仕上げのときに力入れすぎたのかも。

    いつも以上に気を配りながら、1本1本研いでは木を削り、切れ味を確認する。

     

    最初の頃、

    研げてるのか研げてないのかもよぉわからへんかって、

    研ぎ上がりにこうやって1本ずつ木を削って、確認してたなぁ。

    そんなことを思い出す。

     

    あれから30年以上経ってるのに、不安なときには同じことをする。

     

    目指す父の研ぎの領域は、まだまだ遠い。

     

     

    無事に研ぎ上がって、お地蔵さんの仕上げ。

    良かった、仕事が出来た。

     

     

    美味しいお米を頂いたから、今日は炊きたてを父にもお供え。

    ちょっと涼しくなってきて、

    あったかいお茶もおいしいね。

     

    今日も写真の父は、笑ってる。

     

     

     

     

     

     

     

     

     


    盛り沢山な一日

    0

       

       また新しい葉っぱが。ほんまに元気やね。

       

       

       

      今日は久しぶりに楠の仕事。

       

      サクサクと柔らかい音、清々しい香り。

       

      刃物もたくさん研いで。

       

      今日は鋸挽き、荒彫りも。

       

       

      いろんな音を聞きながら、仕事をした一日。

       

       

       

       

       

       

       

       


      気持ち整って、またいつもの日々

      0

         

         雨上がりの葉っぱ、水滴がきれい。

         

         

         

        一日休憩して復活! また元気に仕事していますよ〜。

         

        仏さまの仕事は気持ちが整っていないと手が進まなくなるので、

        身体もやけど

        それ以上に気持ちのバランスを崩さないようにと注意しながら暮らしています。

         

         

        楽しみに待っててくれてはる方がたくさんおられる、

        そして

        それぞれの方にとって大切な存在になる仏さまやから、

        ひとつひとつ丁寧に

        木を選んで、彫り出して、送り出す日々です。

         

         

        和つなぎを待ってくれてはる方もたくさんおられるので

        来年後半はまた配分を変えて、アクセサリーの仕事も出来るように・・

        そんなふうにいろんな段取りも考えながら、

        今は仏さま中心の日々を過ごしています。

         

         

        お顔を彫るとき、

        まず耳、鼻筋、眉を作ってお顔の輪郭を整えます。

        それから

        まぶたの下地を作って目を彫ります。

        ほっぺのふくらみを整えながらお口を作って

        全体のバランスをいろんな角度から確認しながら、

        細かく仕上げていきます。

         

        老眼鏡に拡大鏡ダブル掛けの目で見てても、チリのような削りくずの刀運び、

        もし誰かが傍で見てはっても、削ってるのわからへんのちゃうかな?

         

        そんな仕事をしています。

         

         

        そうやって仕上げたお地蔵さんは

        行った先のお家でたくさんさわって話しかけてもらわはって

        そのひとの指先で柔らかくお顔が変化していかはります。

         

        一緒に暮らして、家族になっていかはります。

         

        私が彫る仏さまは

        そんな身近な仏さまです。

         

         

        生涯であと何体彫って送り出せるかわかりませんが、

        誰かの支えになれるものが作り出せる仕事に誇りを持って

        あの父の娘に生まれてこれたことに感謝して

        これからも精進していきます。

         

         

         

         

         

         

         

         

         


        今日はお休み

        0

          指や手首の痛みを我慢しながら仕事し続けていたけれど、

          ついに頭がぼーっとしてきた。

           

          ここまで来るともうさすがにあかん。

          こんな状態では彫っていても進んでいかへん。

          これ以上の無理は怪我にもつながるので、諦めて一日休むことにした。

           

          休んで今日は、家の片付けをしている。

          たまった書類を整理したり、棚の上の小物を全部退かして拭き掃除したり。

           

           

          私に近い人達は、最近の仕事っぷりをはらはらしながら見守ってくれてはるんやと思う。

          こんなに仏さまの仕事が多い年は今までなかった。

          ずっと気持ち研ぎ澄まして、自分の世界にこもって。

           

          でも、自分で決めたことやし、大丈夫、大丈夫!

          そう言い聞かせながら、日々頑張っている。

           

          昔は怪我をするまで止まれなかった。

          今は怪我をする前に休める自分になった。

          これって進歩やなぁと思う。

           

           

          心配してくれてはる皆さん、

          だから大丈夫ですよ。ありがとうございます。

           

          少しすっきり片付けて、気持ち切り替えて、また明日から頑張ります。

           

           

           

           

          台風10号、心配ですね。

          被害が少しでも小さいことを祈っています。

           

           

           

           

           

           


          8月も今日でおしまい

          0

            洗濯物が乾くのに、少し時間がかかるようになってきたなぁ〜。

             

            まだまだ暑いけれど、季節は進んでいる。

            蟬の声も大合唱ではなくなった。

             

             

            空を眺めることが多くなった。

             

            仕事への集中を切らしたくないので、なるべく他の人と接しないようにしている。

             

            張りつめた気持ちを和ませてくれるのは

            青い空やったり、夕焼け空やったり。

             

             

            もちろん、ベランダの植物たちも。

             

             

             

             

             

             

             

             


            いつもいつも、ドキドキしながら送り出す

            0

              先日、お地蔵さんの発送で郵便局に行ったときのこと。

               

              対応してくれはった局員さんが、品名の「木彫品(お地蔵さま)」というのを見て

               

              「ちなみにね」

              と伝票処理をしながら話しかけてきはった。

               

              「中身、めっちゃ高額とかやないですか?」

               

              「大丈夫です、ちゃんと補償の範囲内です(笑)」

               

               

              小さな小さなお地蔵さんは、

              宅急便コンパクトの箱でも十分送れる大きさやけれど、それでは万が一のときの補償額が足りない。

              なのでゆうパックの60サイズで、しっかりした段ボール箱、中はクッションふわふわにして、

              お怪我のないように送り出す。

               

              仏さんやし、本当は手渡しがいいと思う。

              でも、

              お渡しに行くのにかかる時間も彫ることに使いたい。

              1体でも多く彫って、1人でも多くの方にお渡ししたい。

               

              待っててくれてはる方、たくさんおられるから。

               

               

              「ごめんな〜一日だけ我慢してな〜!」

              そう言って箱の蓋を閉じ、郵便局へ連れて行く。

               

              特定局から集配局へ。集荷のトラックに揺られて、

              配達先の集配郵便局へ。

              郵便局、昔働いてたことがあるから、どんなふうに運ばれていかはるかが目に浮かぶ。

               

              事故などなく、無事に届かはりますように。

              箱を開けて、対面して、喜んでくれはりますように。

               

              と、祈りながら、ドキドキしながら、送り出す。

               

              「受け取りました!」

              とのメールをいただいて、安堵して

               

              「しっかり寄り添って、仲良く暮らしてな」

              心の中でもう一度お地蔵さんに声をかけたら、それで完了。

               

               

              そんなふうに送り出す日々が続いています。

               

              暑さに負けずに頑張っていますので、

              待っていてくださいね。

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               


              お地蔵さん受注再開時期のお知らせ、まだもう少し先になります

              0

                最近また、

                「お地蔵さんを注文したい」

                との問い合わせが増えてきました。

                 

                HP問い合わせ窓口の左記にも記載していますが、

                現在注文は締め切らせていただいています。

                 

                5月にあった「LIFE〜夢のカタチ〜」放送後に1日で1年分以上のお地蔵さんを受注して、

                順番に作っては送り出しているところです。

                 

                たくさんの数のお地蔵さんなので、今はアクセサリーの制作数を減らして対応しています。

                ほぼお地蔵さんだけ制作しています。

                 

                受注している分もたくさんですが、

                すでにたくさんの方が受注再開を待ってくれてはります。

                 

                なので体調管理に気を配りながら、気持ちの張りつめた日々を過ごしています。

                 

                 

                お問い合わせが多いので、次回の受注再開時期をお知らせしておこうと思います。

                 

                 

                次回の受注再開は、来年6月、京都での個展の際を予定しています。

                 

                今回はコロナウイルスのことがあり、メールでお受けしていましたが本来私は対面受注です。

                出来ればお顔を見てお話しさせていただいて

                どんな方がどんな想いで必要とされているのか知って、お作りさせていただきたいのです。

                 

                コロナウイルスの感染拡大が続く中、

                来年のことも不透明ですが

                皆さんに笑顔でお会い出来るといいなぁと思っています。

                 

                引き続き一人でも多くの方に手にしていただけるよう精進していきますので、

                どうぞよろしくお願いいたします。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 


                何年経っても

                0

                  昨日の夕方、お墓参りに行って来た。

                   

                  いつも13日の夕方に、娘と二人でお墓へお迎えに行く。

                  それから母の所へ行って、三人で迎え火を焚く。

                   

                  それが毎年のお盆の過ごし方。

                  ・・やったけど、今年は皆さんもそうやったと思うけれど、特別な夏。

                   

                  母の所へ行くのも、ずいぶん悩んだ。

                  私も娘も、出歩く機会がないわけではない。

                  常にマスクは着けているし、気をつけてはいるけれど・・

                   

                   

                  大切に思うからこそ、会いに行けない、行くのをためらう。

                  私ら親子もそんな気持ちやった。

                   

                  悩んで悩んで、結局会いに行ったけど、

                  ほんの10分ほど。

                   

                  夕立に足止めされて行くのが遅くなったから、一緒に迎え火も焚けへんかった。

                   

                   

                  母は来年、米寿を迎える。

                  めっちゃ元気にしてくれてるけど、

                  毎年お盆に三人で迎え火を焚きながら

                   

                  来年もこうして変わらずに父を迎えられますように

                   

                  って、心の中で願っている。

                   

                  今年はそれが出来ひんかったから、なおさら来年は・・って思う。

                   

                   

                  13日に行けなかったのがやっぱり気になって、15日にお墓に行った。

                   

                  墓石に声をかけ、バケツに水を汲みに行く。

                  水道、いつまで待ってもお湯しか出てきぃひん。

                  家族みんながお参りに来て入れていった花が、暑さでしおれている。

                   

                  何台かの車が出たり入ったり。

                  送りに来はっただけなんかな?みんな滞在時間が短い。

                   

                  私は草抜きしたり、お供えの花の枯れた葉っぱを整理したり

                  ふと気がつくと、

                  もう私ひとりだけ。

                  しおれていた花が水を吸い上げて、元気になり始めている。

                  時計を見ると、30分以上ここにいる。

                  私、いつもこうやんなぁ。熱中症なるで。

                   

                  陽当たりの良い明るい墓地を、風が渡る。

                  「気持ち良い風やなぁ〜」

                  相槌は返ってきぃひんけど、

                  ひとりやないなぁと感じる。

                   

                   

                  そろそろ母が、玄関先で送り火を焚く時間やろうか。

                  このまま家に向かって歩いて行ったら

                  どこかで父とすれ違うんやないやろうか?

                   

                  ほんの10分立ち寄ったときに

                  「今朝お父ちゃん夢に出て来はったで」

                  と母に告げると

                  「私んとこ全然出て来はらへん!薄情やわ!」

                  とやきもちを妬いていた(笑)

                   

                   

                  お母ちゃんは、お父ちゃんのことが好きなんやなぁ〜

                   

                  早々に離婚してしまった私には理解出来ひん感情。

                  そんなふうに誰かを愛せること

                  ちょっと羨ましく思う。

                   

                  何年経っても、

                  大切なひと。

                  大好きなひと。

                   

                  夫婦の愛はわからへんけど、

                  私もずっと父が好き。

                   

                  でも

                  私の夢によぉ出てきはるのは

                  仕事の用事か

                   

                  そうやなかったら

                  「お母ちゃんの様子見に行ったってくれ」

                  って言うてはる時やと思ってるんやで。

                   

                  だから迷ってたけど会いに行ったんやで。

                   

                  でもお母ちゃん会いたがってはるんやから、

                  たまには直接行ってくれはったらいいのになぁ(笑)

                   

                   

                   

                  来年のお盆はいつものように

                   

                  三人で迎え火焚けますように。

                  一緒に晩ご飯も食べれますように。

                   

                   

                  みんなが大切なひとと

                  一緒の時間を過ごせますように。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   


                  お盆も休まず仕事しますね

                  0

                     お地蔵さんの木出し。

                     

                     

                     頭の上の部分を切り取って

                     

                     

                     

                     小さな長方形の端材が出来る。

                     

                     

                     

                     

                    いつの頃からか、これだけで貯めておくようになった。

                     

                    ピアスにしようか、ブレスレットにしようか?

                     

                    考えてはいるけど、多分時間切れで、残して死んでいかなあかんのやろうなぁ。

                     

                     

                    父もたくさん残していった。

                    もっといろいろ彫りたかったやろう。

                     

                     

                    私も出来ることを出来る限り頑張るしかない。

                     

                    今日また1体、お地蔵さんが仕上がった。

                     

                     

                     

                     


                    猫と暮らしたのはもうずいぶん前で

                    0

                      暑い・・けど、風がさわやかで、今年は少し楽に感じる。

                      まだ冷風機も出していない。窓を開けて、あとはサーキュレーターだけで仕事している。

                      それでも温度計を見たら34℃。

                      年取って感覚が鈍ってきてるんやろうか。

                       

                      仕事場は木が割れたら困るからエアコンは付いてないけど、元々私はエアコンの風が苦手で。

                       

                      「猫がいたら、そんなわけにはいかへんで」

                      娘がそう言う。

                      そうやなぁ、毛皮きてるコに我慢させるわけにはいかへんよなぁ。

                       

                       

                       

                       

                      姉から、縁あってまた猫と暮らすことになったと連絡がきて、先日会いに行って来た。

                       

                       

                       

                       

                      子猫と遊ぶなんて、何十年ぶりやろう?

                      それでも身体は覚えていて、上手に遊べた(遊んでもらった?)ように思う。

                       

                       

                      大吉とさよならして、もうこの秋で12年になる。

                      私はいつになったら、また猫と暮らせるようになるんやろうなぁ。

                       

                       

                      「猫が先か人間が先かわからへんぞ」

                      なんて言うて

                      猫より先に逝ってしまったお父ちゃんの言葉も思い出す。

                       

                       

                      いろんなことに残り時間を意識しながら、

                      とりあえず目の前の仕事を順番に。

                       

                       

                       

                       

                       

                       



                      calendar

                      S M T W T F S
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      27282930   
                      << September 2020 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • おりんを包み込む蓮の花
                        setsu
                      • おりんを包み込む蓮の花
                        corin
                      • つながる思い
                        setsu
                      • つながる思い
                        Sayoko
                      • 黒檀の蓮華
                        setsu
                      • 黒檀の蓮華
                        rico
                      • 白い花
                        setsu
                      • 白い花
                        マリ
                      • 雨降り
                        setsu
                      • 雨降り
                        マリ

                      recommend

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM