暑さ厳しく

0

    今日も暑かったですね〜!!

     

     

    仕事場の温度計、記録更新です(泣)

     

    仕事場にはエアコンが付いてないので、冷風機の風に助けられながらの作業になります。

    すぐに風がぬるくなるので氷を足すのですが、午後になると氷の出来るのが追っつかなくなります。

     

    京都は連日38度。

    天気予報を見るだけで気が滅入ります。

    年々暑さが厳しくなりますね。

     

    それでも被災地の大変さに比べたら・・

    蛇口をひねれば水が出ること、リモコンのボタンを押せばエアコンが可動すること、

    これはありがたいことなんやでと自分に言い聞かせながら、

    熱中症に気をつけながら、仕事に励んでいます。

     

    猛暑の日々が続きます。

    皆さまどうかご自愛ください。

     

     


    山科・勧修寺の蓮を見に

    0

      いつもは三室戸寺の蓮を見に行くのだけれど、今年は山科の勧修寺に。

       

       

      ここを訪れるのは40年ぶりかな?前回来たときは小学生やった。父も母も一緒やった。

       

      そのときは蓮の時季やなかったから、勧修寺の蓮を見るのは初めて。

       

       

      睡蓮も咲いていて。

       

       

       

       

      池を覆い尽くす睡蓮と蓮の葉の、力強いこと!!

       

       

       

      池に面した藤棚の下は涼しくて、ここで仕事が出来たらいいのになぁ〜と思ってしまった。

       

      14時過ぎの暑い時間帯、訪れる人も少なくほぼ独り占めの景色。

       

      三室戸寺や萬福寺みたいに、間近で花をのぞき込むことは出来ないし、いろんな種類があるわけではないけれど、

      思いきって出かけて来て良かった。

       

       

      野鳥もいろいろと。鴨やカワセミも。

       

       

       

       

       

       

       


      雨・・

      0

        地震の次は大雨・・

        人の力ではどうしようもないことばかりですね。

         

        私の住んでいる辺りも昨日はたくさん降って、近くでは避難指示が出ていました。

        電車も2日間止まっています。

         

         

        被害にあわれた方々に、心からお見舞い申し上げます。

        そしてこれ以上被害が広がりませんように!と祈っています。

         

         

         

         

         


        今年のささゆり

        0

          今日、今年最初の蝉の声を聞いた。その数時間後にすごい雷雨。大丈夫やったろうか?

           

           

          今年、我が家のささゆりは5つもつぼみを付けた。

           

          3年目の球根。

          育て方の説明書には「球根の腐敗予防には2、3年に1回の植え替えと球根の消毒をするとよいでしょう」と書いてあって、

          「どうしようかなぁ〜」と悩んでいたんやけど・・

          鉢の土の表面に、とってもきれいに苔が広がってて、

          掘り起こすのが可哀想で植え替えは見送った冬。

          無事に芽を出してくれるやろうか?とドキドキしていた春、

          出てきた新芽は「?タケノコ?」ぐらい太くて。

          その後アスパラガスぐらいの太さでグングン生長していき、

          「ひまわりですか?!」というくらい背が高くなり(笑)

           

          6月1日に、最初の花が咲いた。

           

           

          その翌日に2番目と3番目。

           

          開いた窓から香りが家の中に入り込んでくる。

          夜は特に濃厚に。なんとも幸せな期間やった。

           

           

          1番目の花が散ったタイミングで4番目の花が咲き、その後5番目の花が咲いて散るまで2週間以上・・

          最後に咲いた花は、背伸びして手を伸ばしてもとどくかとどかへんかぐらいの高さで咲いていて、

          だから今年の写真は見上げて撮ったものばかり。

           

          最初の3つの花はとても大きくて、後に咲いた花たちの方がささゆりっぽかった。

          正直「全部育たへんのちゃう?」と思っていたので、順番に全部咲いてくれたのには感動したし、

          毎日見上げては、「きれいやなぁ」と声をかけていた。

           

          今は花も終わって、球根の肥大期。

          で、説明書に「種をつけると球根の肥大を妨げるので、花が終わったら葉を残して花の部分は取り除きましょう」と書いてある。

          今までは取り除いていたけど、今年は種をとってみることにして1つだけ残した。

          これ以上球根肥大したら、来年はいったいどうなるんやろう?と思ったのと、

          こんなに元気なんやから、種とってもきっと弱らへんやろうと。

           

          種から育てるのは難しくって、うまくいっても花が咲くまで6〜7年かかるって書いてあるけど、

          咲いてくれたら嬉しいやん♪とりあえずチャレンジしてみよう。

           

           

           

           

          6〜7年後って、どこでどうしているんやろうなぁ。

          わからへんけど、

          ささゆり、きれいにたくさん咲いててくれたら嬉しいな。

           

          そんなことを考えながら、元気な葉っぱを毎日さわっている。

           


          あの揺れから一週間

          0

            18日の朝の地震・・

             

            私の住んでいる所は震度5強やった。

            強い揺れに、娘に覆い被さる。

            私の携帯は古すぎて緊急地震速報が入らない。

            娘のも鳴らなかったので、「大丈夫、大したことない」と思いながら揺れがおさまるのを待った。

             

            が、あの音が大嫌いな娘は鳴った瞬間に止めていたと知り・・(普段耳元で目覚ましが鳴っていても全然起きひんのに)

            すぐに母に電話、無事を確認。

            その後お互い友人たちに安否確認。

             

            電車も止まり大学は休校。

            何度もくる余震におびえながら、それでも一緒にいれてよかったと心強く思いながら過ごしていた。

             

             

            時間が経ってから、120センチ幅の食器棚がずれているのに気がついたり、

            壁のこのヒビは前はなかったよなぁ?とか、

            まぁまぁ怖い思いは続いているけれど、対策強化しなければならない箇所もわかったし。

            非常持ち出し袋の中身も冬使用なことに気がついて、中身を入れ替えたり。

             

            あれから一週間。

            まだなんとなく落ち着かない日々を送っている。

             

             

            気持ちのトゲをとりたくて、久しぶりにねこ道へ。

             

             

            葉っぱの陰で、同じポーズで等間隔で、気持ちよさそうに皆昼寝していた。

             

            少し気持ちが和んだ。

             

            いつ、どこで、何が起きるかわからへん。

            自分が今出来ること、しなあかんこと、何やろう?

            改めて考えさせられた気がする。

             

             

             

             


            父の仕事に会いに行く

            0

              少し前のこと・・

               

              よく晴れた日に、あるお寺に行って来ました。

               

              去年、

              「あったかくなったら行こう」と思っていたら暑くなって、

              「涼しくなったら行こう」と思っていたら寒くなってしまって。

              タイミングを外して行けなかった場所へ、

              個展が終わって一区切りついて、やっと行くことが出来ました。

               

              昔から母に聞かされていた

              「あの辺のお寺の仕事してはるはずなんやけどなぁ」という、とっても大雑把な話。

               

              「いったいどこなんっ!?」とずっと思っていたけれど、

              昨年の正月やったかに父の古い写真の中から見つけた、1枚の仏さんの写真。

              納める前の仁王さんと、裏にはお寺の住所入りのハンコが・・

               

              「これやっ!見つけた!!」

               

              娘にスマホで検索してもらうと、写真と同じ仁王さんが。

              「やっと見つけた!会いに行こう!」

               

              ・・それから1年以上経って、やっと会いに行くことが出来ました。

               

               

               

              新緑に覆われた静かな参道を上がっていくと、立派な門が。

              ドキドキしながらのご対面。

               

              あれ?でも、仁王さんの足元には、ずいぶん古い制作年月日の書かれた札が・・

              新調やなくて修理で来てはったんかなぁ?

              古い写真は白黒で、見たのもずいぶん前のことで、自分の記憶に確信がない。

               

              どちらにせよ、50年かもっと昔の話で、

              関わったひとはたぶん誰もこの世にはいはらへんと思われて・・

               

               

               

              凜々しいお顔を見上げながら思ったことは

              「どっちにせよ、こんな大きい仕事、楽しかったやろうなぁ〜」と。

               

              師匠や、ほかのお弟子さんたちと、長いことかけてしたんやろうなぁ。

              いつもの作業着姿で、削ったり組み立てたりしていたであろう若い父の姿を思い描いた。

               

               

              修理の仕事は、それを作った職人さんの背中が見える気がするもので、

              新しく作るのとはまた違った楽しさがある。

               

              職人の技が積み重ねられて、また次の時代につながっていく。

              関わったひとはいなくなっても、その手がこなした仕事は残っていく。

               

              彩色されたお姿からは、どこをどういうふうに仕事したのかはわからへんけど、

              それでも、訪ねて来れたことが嬉しかった。

               

               

              振り返って見た景色。父もこの場所から同じ景色を見たんやろうか。

               

               

              ・・そんなことを考えながら、ゆっくりと坂道を下って行きました。

               

              たくさん仕事してはるけれど、どこのどの仏さんというのは家族はほとんど知らないのです。

              だから、会えて嬉しかったし、次は娘も一緒に会いに行こうと思います。

               

               

               


              次のタイトルどうしよう?

              0

                 見事に咲いたささゆりの花。

                 

                 

                近畿地方も梅雨入り。

                今日は雨は降ってないけどまとわりつくようなジメッとした空気で。

                 

                なかなか疲れが抜けへんのは、こんな気候のせいやろか?

                でも動いていかないと。次は9月に奈良で作品展。

                 

                 

                で、頭を悩ませていることが・・

                次の作品展のタイトルは何にしよう?

                 

                2011年の初個展から、毎回違うタイトルでやってきた。

                同じギャラリーでさせてもらうときは、テーマも変えてやってきた。

                 

                でも、新しい場所を求めてあちこち動くようになった今、

                毎回新作は作るようにしているけれど、定番で並ぶものの方が多くて。

                 

                さてどうしたものか?と・・

                 

                これからも世の中が平和な限り、私が元気でいる限り、

                今のようにギャラリー展開で動いていくやろうし、

                毎回変えてたらネタが尽きてしまうよなぁ。

                もうタイトル固定にしようかなぁ?みんなどうしてはるんやろう?

                 

                そんなことを考えながら、ここ数日過ごしている。

                 

                ハガキ1枚手に取ったひとが、

                「実物を見てみたいな」と思ってくれはるようなDM作り。

                 

                写真も大事、タイトルも大事。

                きちんと伝わるものが思いつきますように!

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 


                ゆっくりと

                0

                   

                   今年も紫陽花が綺麗に咲いて。

                   

                  日曜日に作品展が終わって、火曜日くらいから疲れが出てきて。

                  戻ってきた荷物をほどいて片付けながら、たまった家事もこなしながら、ゆるゆるとここ数日過ごしている。

                   

                  楽しかった。とっても。

                  でも、普段ほとんど外出しないので、片道2時間の慣れない通勤に身体は疲れていたみたい。

                  気持ちは次に向かっているけど、無理がきかへんなぁと諦めて、今週は充電期間。

                   

                   

                   夕方、ささゆりが咲き出した。  

                   

                  今年は5つのつぼみ。順番に花が咲く。

                   

                  また仏さんを彫る日々がやってくる。

                  張りつめた気持ちを花や木にほぐしてもらいながら、やさしいお姿を形にしていきたいと思う。

                   

                   


                  作品展終了しました

                  0

                    5月18日から27日のブリコラージュさんでの作品展、おかげさまで無事に終了いたしました。

                     

                    お越しいただきありがとうございました。

                    ゆっくりお話出来た方も、お目にかかれなかった方も、ご覧いただきありがとうございました。

                     

                    「終わっちゃったなぁ〜」「楽しかったなぁ〜」

                    と、余韻に浸りながら、今日はたまった家事をこなしています。

                     

                     

                    旅立っていったコたちは、

                    それぞれの居場所でそれぞれのひとに寄り添って、日々を重ねていってくれます。

                    人も木も、幸せに過ごしてほしい・・それがつくりての思いです。

                     

                    ギャラリーでお話したこと、書いていただいたメッセージ、

                    ひとつひとつ思い返しながらまた木と向き合っていこうと思います。

                     

                    ギャラリーの方々とも、たくさんお話させていただきました。

                    木や道具の専門的な話が出来るということは、私にとってとても嬉しいことです。

                    ご家族みんなでお仕事されてるというのも、素敵なことやなぁと思います。

                     

                    本当に楽しい9日間でした。

                    皆さんありがとうございました。

                     

                    寂しくなった仕事場に、また次のコたちを生み出していきますね。

                     

                     

                     


                    明日、最終日です

                    0

                       白い壁に緑が映えて。

                       

                      長かったような、短かったような・・作品展も明日が最終日です。

                       

                      たくさんの方とお話しさせていただきました。

                      たくさんのにゃんこやお地蔵さん、アクセサリーを送り出しました。

                      20日と24日のお話会・ワークショップも、たくさんご参加いただきました。

                      最初は恐る恐る・・という感じやったけれど、慣れてきはるとサクサクと♪

                      木を削る音も楽しんでいただきたいと、黙って見守る時間も取りました。

                       

                      自分以外のひとが木を削る音を聴きながら、彫るひとの手元をじっと見つめている・・

                      木彫教室のときは自分も手を動かしながらなので、

                      いつもと違う木との接し方、私にとっても新鮮な時間でした。

                      出来上がったペンダントを皆さん嬉しそうに着けて帰ってくれはりました。

                       

                      お会いした方々のたくさんの笑顔。

                      お会い出来なかった方からもメッセージをいただいて、

                      心地良い空間で、幸せな時間を過ごさせていただいています。

                       

                      いよいよ明日が最終日です。

                      明日はどんな出会いがあるのか、楽しみにギャラリーに向かいます。

                       

                       

                       

                       



                      calendar

                      S M T W T F S
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << July 2018 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • おりんを包み込む蓮の花
                        setsu
                      • おりんを包み込む蓮の花
                        corin
                      • つながる思い
                        setsu
                      • つながる思い
                        Sayoko
                      • 黒檀の蓮華
                        setsu
                      • 黒檀の蓮華
                        rico
                      • 白い花
                        setsu
                      • 白い花
                        マリ
                      • 雨降り
                        setsu
                      • 雨降り
                        マリ

                      recommend

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM