今年の夏の思い出は

0

    8月31日。私が子供の頃は、夏休みの最終日。

    でも、娘の時代には京都市は8月最終週には学校が始まっていたので、あまり特別な思いはない。

    遠い日の自分が子供の頃の記憶より、まだ最近の親としての記憶の方が強く残っていて。

     

    それでも一生懸命思い出してみたら、

    田舎の海やったり、

    毎日行かされた学校のプールやったり、

    やっぱり休みの終わりに苦労した宿題やったり(笑)

     

    絵日記って描かされたなぁ。

     

    大人になると、特に変わりなく繰り返される季節の中で、

    「今年の夏の思い出は?」

    なんて誰かに問いかけられることもなく、

    発表する機会があるわけでもなく。

     

    でも、今年の夏はちょっと自分の胸にぐっとくる出来事があって。

     

     

    花火大会に行く事になった娘に

    「浴衣ってあったっけ?」と問いかけられたのが始まりなんやけど。

     

     

    宇治川花火大会がなくなってから、もう何年経つやろう?

    私が子供の頃も、

    娘が子供の頃も、

    見に行っていた花火大会。

     

    親と行っていたのがいつしか友達と行くようになり、恋人と行くようになり・・

    地元では誰もがそんなふうに、思い出を重ねていく行事やったけど、

    残念ながらなくなってしまった。

     

    その後、花火を見に行くことはなかったけれど、娘は今年、琵琶湖の花火を見に行くと言う。

    「浴衣なぁ〜、あったはずやけどなぁ」

     

    どこにしまい込んだやろう?

    探さなあかんなぁ。

     

    でも、買ってやったのは確か娘が高校生の頃。

    安物で生地も薄くて。

     

    それでも喜んで着てくれてたけど、娘ももう22歳。

    大人なんやし、もう少し良いもん着せてやりたい。

     

     

    忙しい娘にかわって、何軒か下見に行った。

    めちゃくちゃ良いもんはよぉ買うたらんけど、これくらいならなんとかなるかな?

     

    「浴衣、買いに行こか」

    そう言ったときの娘の驚いた顔。

     

    そして二人で選びに行って。

     

     

    何着かお気に入りの柄を選んで、試着させてもらう娘を、見つめていた私。

    広げて袖を通すと、吊してある状態でみているときと全然柄の印象が違って。

    1着ずつ違う雰囲気になる娘を「へ〜〜」「おぉ〜〜っ!」と眺めていた私(笑)

     

    ふと、その昔、振袖を選びに連れて行ってくれたとき、

    母はこんな気持ちやったんかなぁ?と思った。

     

    買ってもらえる本人も嬉しいけど、

    買ってやれる親も嬉しいんやな。

     

    浴衣と振袖では、値段のゼロの数が違うけど、

    揃えてやれることへの誇らしい気持ちや、

    無事に生長してくれたことへの喜びはきっと一緒なんやないやろうか。

     

    振袖姿の私と並んで撮った写真の、父のめちゃめちゃ嬉しそうな顔も思い出した。

     

    「お父ちゃん、お母ちゃん、ありがとう」

    今さらながら、そう感謝した。

     

     

    花火大会当日、

    髪のセットは、ずっとお世話になってる美容師さんに素敵に仕上げてもらって、

    浴衣の着付けは、結び帯やったから私にもなんとか出来て。

     

    「ありがとう」と何度も言って、

    嬉しそうに娘は出かけて行った。

    髪に、私の彫ったかんざしを挿して。

     

     

    これが、今年の夏の一番の思い出。

     

    あと何年、そばにいてくれるのかわからへんけど、

    幸せな時間をくれた娘に感謝している。

     

     

    そして、

    たくさんお仕事いただけるようになったから、こんなことがしてやれるようになりました。

    そのことにも、皆さんにも、深く感謝しています。

     

    これからも精進していきますね。

    よろしくお願いいたします。

     

     

     

     

     

     

     

     


    私の見ている景色を伝えたい

    0

      彫っていて時々思うこと。

      自分の目がカメラになっていて、彫っている手元が撮影出来たら面白いやろうに・・

       

      子供の頃、仕事している父の手元を飽きずに眺めていた。

      木を削る音、木くずを払い飛ばす父の息づかい。ただ木くずに触れているだけでも楽しかった。

      こんなん見るの好きなひとやったら、きっと楽しいやろうになぁと思う。

       

      今、5月の個展のDM作製に取りかかっていて、彫っている手元の写真を使うことにした。

      で、私のイメージしている写真は、私の目線のアングル。

      難しいよなぁと思っていたら、

      娘が背後にまわって、私の顔の前にカメラを構えて撮ってくれた。

       

      娘やからこそ、撮れる写真。

      何枚か撮ってもらったけど、最初の1枚が一番良くて、

      夜やったから「もう一度昼間に撮って」ってお願いしてたら翌日指を切って(笑)

      「これはもう、あの写真でいいやろ、ってことなんかなぁ」と二人で話してたんやけど、

      まぁ、撮ってみよかと絆創膏外して。

       

      でもやっぱり、最初の1枚が一番良かった。

      その写真で作っていこうと思う。

       

      娘がいてくれて良かった。

       

       

       


      おかえりなさい

      0

         日だまりでまったり。

         

         

        今日は3日ぶりに外に出た。

        娘は大学の友達と2泊3日で旅行中。

        「いってらっしゃ〜い」と送り出した日から玄関のチェーンも外すことなく・・

        今日出かけへんかったら、帰って来た娘が家に入れなくてショックを受けるとこやった(笑)

         

        どうしてるんかなぁ?と思わないわけではない。

        けど、

        ウチの母娘には、SNSではつながらないという暗黙のルールがある。

         

        私の場合は設定とかでわからへんことがあると娘に助けてもらうけど、

        お互いの投稿を見ることはない。

        このブログも、娘は母が時々自分をネタにして書いていることは知っているけれど、読んではいないと思う。

         

        身内やからこそ、知らんでもいいこともあると思う。きっと、お互いに。

         

         

        娘がいなくて一人でも、

        トーストとコーヒーで朝ご飯食べるし、掃除して洗濯して、それから仕事するし、

        やってることは別段変わらへん。

        話し相手はいぃひんけどなぁ。

         

        キリになるまで・・と仕事して、夜9時頃に「あかん、もう食べな!」と慌てて晩ご飯を作って食べる。

        この間木彫教室の生徒さんが言うてはった言葉を思い出す。

        「彫ってると他のことしたくなくなる」

        そう、夢中でやってるとすぐ時間経っちゃうんですよね〜。

        ずっと彫ってたいけど、「ご飯作らないと」とか「洗濯取り入れないと」とか、いろいろ段取りがあって、

        家族がいはるとどうしても自分の自由にならないこと、たくさんあると思う。

        私も娘が小さい頃はそうやったなぁ〜。

        大変でもあるけど、幸せな不自由でもあるのかも。

         

         

        今は、数日間の不在ならお互い連絡を取り合うこともなく・・

        今晩、娘は帰って来る。

        「お土産あるしな〜」って、夕方メールがきてた。

        母も仕事頑張ってたで。

        玄関のにゃんこランプ灯して、待ってるよ。

         

         

         

         

         


        電車に乗って

        0

          年明け、仕事をしながら思っていた。

          「ぼーっと電車に乗りたいなぁ・・」

           

          あんまり乗ったことのない路線がいいなぁ。どこがいいやろ?

          「あっ!そうや!!」

           

          2日から神戸そごうで岩合光昭さんの「ねこの京都」展やってはって、その会場にのび工房さんが来てはったはず。

          京阪で四条まで出て阪急で・・阪急なんか乗るのめっちゃ久しぶり!よっしゃこれや!

           

          のび工房さんは、福岡県糸島市にある七宝焼と猫雑貨のお店。

          以前は京都哲学の道にお店があった。

          私が作品を置いてもらっていた「哲学の道洗心」のすぐ近くで、

          当時小学生だった娘を連れて洗心にお手伝いに行くと、いつも立ち寄っていた大好きな場所。

           

          春の桜シーズンはめっちゃ忙しかったけど、それ以外は静かな日が多くて、そんなときは娘は

          「お母さん、のびさん行って来てもいい?」って。

          お店にはねこたちがいて、娘はのびさんに行くのが楽しみで楽しみで。

          のびさん姉妹も私が洗心でお店番していて娘だけで顔を出しても、ねこたちと遊ばせてくれはって、時にはお手伝いさせてくれはったり、一緒にお茶飲ませてくれはったり・・と、可愛がってくれはった。

           

          のびさんに会いに行くんやったら、娘も一緒に行けたらいいのになぁ〜。

          でも連日バイトやったはず。もう、聞いても覚えられへんから、翌日、翌々日ぐらいの予定しか把握していない。

          「10日までって忙しいよなぁ?」そう尋ねたのが確か4日の夜。

          するとなんと6日夜の予定がキャンセルになって、16時以降空いたと!じゃあ一緒に神戸へ行こう!!

           

          四条河原町で合流して、二人で阪急電車の特急に乗って。

          暮れていく景色を眺めながら神戸に向かう。

          最後に来たのはいつやったろう?娘が中学生のとき?

          一緒に出歩かなくなって、ほんまにどこも行かなくなった。

           

          神戸そごうは私は初めての来店。9階の会場で、のびさんと嬉しい再会!!

          あの頃一番小さかった娘が、今では一番背が高い。思い出話と近況報告、短いけれど楽しい時間を過ごすことが出来た。

           

          帰りの電車の中、私はうとうと・・娘は友達とLINE、でも一緒にいるだけで心地良い。

          こんな時間も少なくなったけど、それは娘が成長した証やから。

           

          一人で育てたけれど、一人やなかったなぁ。

          いつも助けてくれるひとが、周りにいてくれはったなぁ。

          娘を幼い頃から知っていてくれるひとに会うと、いつもそう思う。

          思い出して感謝して、また頑張っていこうと思う。

           

          たくさん電車に乗れて、会いたかったひとにも会えて、娘と二人で、

          幸せな一日やった。

           

          暖かくなったら、久しぶりに哲学の道を歩いてみようかな。

           

           

           

           


          夏休みの思い出

          0

            大学が夏休みの娘。休みといってもほとんど家にいない。

            先週はサークルの合宿やったし、あとはバイトとかで、やっぱり一緒に晩ご飯食べることはほとんどない。

             

            保育園や小学校の頃は、「今年はどこに連れて行ってやろうかなぁ?」って、一生懸命考えたっけ。

            ウチの娘は水族館が好きやから、一日乗り放題のお得な切符で神戸の須磨水族館まで行ったこともあった。

            昼から夜までずっといて、イルカショー3回も見たっけなぁ(笑)

            なるべくお金かけずに、でもたくさん楽しませてやれる場所・・毎年探して2人で出かけた。

             

            10年前はまだそんな夏を過ごしていたんやなぁ。

            もっともっと遠い昔に感じるけれど。

            あの頃は仕事もめっちゃ忙しかったし、一緒に遊べる時間が私もいい息抜きになって、嬉しかった。

             

            今は、

            娘には娘の世界があって、

            元気に楽しく飛び回っている。

             

            それでいいよ〜。いっぱい楽しい時間過ごしてな〜!

             

            今夜も一人。外からは虫の声。

            日中はまだまだ暑いけど、少しずつ夏が終わっていく気配。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             


            ある日の晩ご飯

            0

               数日前、娘と二人で食べた晩ご飯のメニュー。

               

              バイトの賄いではあんまり魚は出ぇへんやろうから、鰹のたたきと、

              赤出しも飲ましてやりたいし、

              旬のとうもろこしでとうもろこしご飯にして・・

               

              昨年娘が大学生になってから、一緒に晩ご飯食べるのは月に一回あるかないかになった。

              バイトのある日以外は一緒に食べれると思ってたら、サークルやったり友達との約束があって、ほとんど毎日終電近くまで帰って来ない。

              「えぇ〜〜っ、そうなん?!」と、心の準備の出来ていなかった私は慣れるのに数ヶ月かかり・・

               

              カレンダーも、娘の予定を書き込むことをやめたら、ほとんど書くことがなくなった。

              仕事の受注や納品のメモは仕事場のボードに貼ってるから、カレンダーには書き込まへんし、

              私の決まった外出は月に2回のカルチャー教室くらい。あとは宅配が届く予定を書き足すくらいで、ほとんど真っ白なまま。

              昔は保護者会だったり、定期テストや模試だったり、書き込むことがたくさんあった。

              バイトの予定も最初は書き込んでいたけど、「もういいか」と思ってやめにした。

               

              何人か家族がいたら一人欠けても独りにならへんけど、

              二人家族やと仕方ない。

              あと何年かしたら娘は巣立っていって、ほんまにひとりになるんやし、

              今はまだ寝に帰ってくるんやから良しとしよう。

              今の間に少しずつ心の準備。慣れとかへんとね。

               

              もう、ひとりのご飯にも慣れたし、自分の分だけでも案外ちゃんと作って食べている。

              5圓杷磴辰討進討梁泙錬沖圓梁泙吠僂錣辰燭韻譴鼻

               

              娘が小学生の頃、仕事めっちゃ忙しくて2、3時間しか寝れない日が続いて、

              夕方疲れ果てて寝てしまってても「お腹減った」とごねることもなく、私が目を覚ますまで待っててくれたなぁ。

              ふと、そんなことを思い出す。

               

              今日はひとりの晩ご飯。これから冷蔵庫にあるもんでちゃちゃっと作って、食べ終わったらまた仕事。

              「今日家で食べていい?」って言われたときには、あれもこれもと食べさせたくて、おかずの品数も増えてしまうけれど。

               

              美味しい顔して一緒に食べてくれるひとがいるって幸せなこと。

              なんでもそうやけど、当たり前が当たり前じゃなくなったときに気づくこと。

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               


              どちらの腕にも力こぶ

              0

                ギコギコとのこぎり挽いて、平のみでザクザク荒彫りして。

                今日はけっこう力仕事やった。よしっ、頑張った!!

                 

                大学生の娘は飲食業のアルバイトをしていて、ジョッキや鉄板を複数持って運んでるうちに筋肉質の腕になり・・

                「パフスリーブ着れへん〜(泣)」と嘆いている。

                「労働筋やん!かっこいいやん!!」ってなぐさめてる私。 親子で同じような腕になったなぁ(笑)

                 

                私はパフスリーブはもう着たくないし別にいいんやけど、夏、電車でつり革持つとそれだけで力こぶ。

                袖が通らなくて着れへんかった長袖の服もあったなぁ。

                 

                でも、たくましい腕は頑張って仕事している証やし、嫌やない。

                強くてかっこいい力持ちの母ちゃんでいたかった。

                母ちゃんも父ちゃんもひとりでやってたから、よけいにそう思ってたのかもしれない。

                 

                月日は流れて、娘は成長して、腕周りも私と一緒くらいにたくましく育って。

                もう、守ってやらなくてもいいくらいになってるんやね。

                 

                それでも「まだまだ負けたくない」っていう気持ちで仕事する。

                子育ては卒業しても、彫りたいものはたくさんあるから・・これからも頑張って、筋力キープで!

                 

                次は、かっこいい祖母ちゃんめざそうか?

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 


                小さかった手、大切な思い出

                0

                    ひなたぼっこのにゃんこ。

                   

                   

                  成人式が済んで洗いに出していた振袖が戻ってきた。

                  大切に片付けて、これで一区切りだと安堵する。そして今日は娘の二十歳の誕生日。

                   

                  大学に入って忙しくなって、一緒に晩ご飯を食べるのも月に一度くらいになっていた。

                  今年の誕生日は家にいないやろうなぁ〜と思っていたんやけど、

                  「二十歳の誕生日まではお母さんとケーキ食べようと思っている」と・・

                   

                  私は今年48。この歳になると、自分の誕生日はもう嬉しくない(笑)

                  でも子供の誕生日は嬉しい。自分が頑張ってお産して、母になった日でもあるので。

                  だから一人ででもケーキ食べよう!なんて思っていたんやけど、一緒に食べてくれるそうだ。

                   

                  思いがけず、私の方がプレゼントをもらったみたいな気持ちになる。

                  真っ直ぐ育ってくれてありがとう。

                   

                   

                  バイト先では一日早くお祝いしてもらえたようで、昨晩私にもケーキを持って帰って来てくれた。

                  二日連続でケーキやけど(笑)おめでたいことやし、いいやんね。

                   

                  小さな手で、私の小指1本握りしめてた娘が無事に育って、

                  今では私のこと見下ろすくらいに背も高くなって。

                  二十歳、成人、大きな区切り。

                   

                  長く、二人で歩いてきた。

                  これからはだんだん離れていく。

                  でも、それでいい。私は今少しずつ自分にそう言い聞かせて、自分を納得させる作業中。

                   

                  子育てって、過ぎてしまえばあっという間やなぁと思う。

                  真っ最中は余裕もなくて、ただ必死なんやけど・・

                  でも、娘がいたから頑張ってこれた。

                   

                  一緒に笑ったこと、泣いたこと、いっぱい思い出しながら

                  これからも頑張っていきたいなと思う。

                   

                   

                   

                   

                   

                   


                  ついに迎えた成人式

                  0

                     華やかに結ばれた帯。素敵な着付けをありがとうね。

                     

                    昨日、成人式を迎えた娘。朝早起きして二人で美容室へ。

                    三人で賑やかにおしゃべりしながら、ヘアメイクは進んでいき、だんだん変身していく娘・・

                     

                    友達夫婦が車で迎えに来てくれて、次は我が家へ。着付けは家でしてもらう。

                     

                     

                    娘のことを小さい頃から知ってくれていて、

                    可愛がってくれているひとたちの手で綺麗にしてもらって、

                    和やかで幸せな時間でした。みんなに感謝しています。

                     

                    成人式って、本人はもちろん嬉しいやろうけど、親も嬉しい日なんやなぁって思いました。

                    娘の振袖姿を見て、今まで頑張ってきたご褒美もらえたように感じた私。

                     

                    とっても嬉しい一日でした。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     


                    娘、来年成人式です

                    0

                      最近、久しぶりに会う友達に「来年成人式やねん〜」と言うと、みんな口をそろえて

                      「一人でよぉ頑張ったなぁ!」と返してくれる。

                       

                      そうやなぁ。娘の20年間の内、かなり長い時間を二人で過ごしてきた。

                      頑張ったよな、私。でも、みんなも助けてくれたやん。

                      一人で二人ぶんって思っていっぱいいっぱいやった頃、

                      友達が娘と手をつないで歩いてくれるだけで、休憩させてもらえてる気がしたなぁ。

                       

                      20年、あっという間やった。

                      しんどいこともいろいろあったけど、二人であほなこと言うて笑ってたことの方が多いような気がする。

                       

                      まだ学生やから、一緒にいるし手のかかることも多いけど、

                      「二十歳」ってひとつの節目やと感じる。

                       

                      成人式には、私の振り袖を着てくれる娘。

                      ヘアメイクは娘が小学生のときからお世話になっている美容師さん、

                      着付けは私の40年来の友達。

                       

                      打ち合わせ段階で感極まって泣きそうになってる私(笑)

                      成人式でこれやったら、結婚式なんかどうなるんやろ?なんて思いながら、今までの日々を思い返している。

                       

                      クリスマスに、ばれへんようにどうやってプレゼント置こうかと考えてた頃も懐かしい。

                      一緒に作戦たててくれたひともいはったし、サンタになってくれはったひともいはったし・・

                      やっぱりみんなに助けてもらってた。 本当にありがとうございました。

                       

                      おかげさまで、ここまできました。成人の日は、どうか良いお天気でありますように!

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       



                      calendar

                      S M T W T F S
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << December 2019 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • おりんを包み込む蓮の花
                        setsu
                      • おりんを包み込む蓮の花
                        corin
                      • つながる思い
                        setsu
                      • つながる思い
                        Sayoko
                      • 黒檀の蓮華
                        setsu
                      • 黒檀の蓮華
                        rico
                      • 白い花
                        setsu
                      • 白い花
                        マリ
                      • 雨降り
                        setsu
                      • 雨降り
                        マリ

                      recommend

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM