もうすぐ展示会

0

    今日、個展の荷物をギャラリーに発送した。

     

    荷造りしながらいつも思う。

    「ほぼ什器やん(笑)」と。

     

    小さい作品ばかりなので、目線の高さに持ってこれるようにする台とか、下に敷く布とか。

    搬入当日手持ちで連れて行くものもあるので、

    荷物を出してからもまだ用事は残っているけど、とりあえず一段落かな。

     

    今回、壁面にパネル展示をすることになった。

    私が彫っているとことか、道具の写真。

     

    ギャラリーでも彫る予定はしている。

    でも、在廊しない日や時間帯もあるし、手を止めてお話しているときもあると思う。

    「こんな場所でこんなふうに生まれてくるんやなぁ」ということが伝われば、嬉しいな。

     

    今までそんなこと思いつかへんかったけど、

    ギャラリー側からご提案いただいて、娘と二人で写真を撮って、A3サイズに引き伸ばして。

    なかなか良い感じに出来たと思う。

    展示するのがとても楽しみ♪

     

     

    20日と24日に予定しているお話会もそうやけど、

    今回、自分の幅をずいぶん広げてもらったなぁと感じている。

    どんな9日間になるのかなぁ。

     

    さぁ、忘れ物のないように引き続き準備しよう。

     

     

     

     

     

     


    育つ草木を見て思うこと

    0

       サンドイッチなんか作ったの、めっちゃ久しぶり。

       

      サークルで出かける娘のお弁当に持たしてやった。これは自分のお昼ご飯分。

      菓子パン買って食べるよりはいいやろう。

      外食ばかりで栄養面が気にかかる。

       

      気持ちよく晴れて、洗濯干しててもいい気分。

       

       バラも、長く咲いててくれてるなぁ。

       

      ささゆりはもう見上げないといけないほどで、

      3つやと思ってたつぼみは5つで。

       

      個展前っていつももっと追われる気持ちやったけど、今回はそうでもなくて。

      ディスプレイを考えながらいろいろと段取りしている。

       

      元気に育つ木や草花を見て、私もまだまだ成長したいなぁと思う。

       

       


      ミルキーの包み紙の大吉マーク

      0

        ミルキーの包み紙にいろいろ描いてあると知って、気になって購入してみた。

         

        ミルキーなんて買うの、何年ぶりやろう?

        昔もっと甘かったように感じたけど、こんなもんやったんかなぁ。

         

        懐かしく思いながら、毎日少しずつ食べ続けていた。

        包みをめくるたびに広げて確認しながら。

         

        数日後、「大吉」マークが出た!

        「あっ!出た!やった〜♪」

        けっこう嬉しい。子供の頃、アイスとかガムで当たりが出たときの感覚を思い出す。

         

        でも、1番レアと聞いていた「ハートの大吉」ではない。

        そう簡単に出ぇへんよなぁ・・と思っていたら、

        次の日に出た!!

         

         

        えっ?!嬉しいけど、1袋に2つも「大吉」? ほんまにレアなん?と疑ってしまった。

         

        その後も食べ続けて、残り3個になったときにもう1つ「大吉」が・・

         

         

        びっくりやけど、「こんなところで運つかっても・・」と(笑)

        娘とは「大吉(亡き愛猫)が引き寄せたんやろうか?」なんて話をしていた。

         

        その後購入した袋からは、「大吉」は出ていない。

        3つはやっぱり珍しかったんかな。

         

         


        ここ数日一番気にかかっていたのは、風の強さで・・

        0

            家の中に避難しているささゆりの鉢。

           

          ここ数日突風の吹く時間帯があり、そのたびにささゆりの鉢を入れたり出したり。

          私の背丈ほどに伸びたコを、物干し竿に引っかけたりせぇへんように出し入れするのは一苦労。

          外は風がきついし、家の中は蒸し暑いし・・風が止んだらすぐ出して、突風が続いたらまた入れて。

          過保護かなぁとも思うけど、育ってきている3つのつぼみ、なんとか無事に咲いてほしくて。

           

          こんなふうに対応出来るのも、家で仕事しているからやなぁ〜と。

          世の中はゴールデンウイークで、買い物に出かけると車も人もいっぱいで。

          私は変わらず仕事の日々で、別にそれが苦でもなく。

           

           

          自営業、1人で仕事。決まった休みは特にない。

          自分の仕事の段取りで流れていく日々、自由がきくということは幸せやと思う。

           

          父もずっと仕事していた。

          丁稚の頃は1日と15日が休みやったって言ってたけれど、私が知っている父は、年がら年中仕事していた。

          月に一度市民歩こう会に行っていたけど、夜には仕事場でなんかゴソゴソしてはったように思うし、

          田舎で法事があるときとかは休んではったけど、それくらいしか思いあたらへん。

          大晦日に家族みんなで家中の大掃除、

          お正月1日だけは仕事着やなかったけど、

          それ以外はずっと仕事着やったよなぁ。

           

          そんな姿を見て育っているから、今の自分に違和感はない。

          以前他の仕事と掛け持ちしていたときは

          「やった〜!明日は休みや、仕事が出来る!!」なんて思ってたから、今、彫ることだけでとっても幸せ。

           

          それでも父と違うのは、家事や育児もこなしながらってことで・・

          育児はもう卒業したけど、家事はずっと続いていくからなぁ。

          最近ほんまに段取りが悪くなってきて、

          あれもこれも平行してが、上手に出来なくなってしまって。

          いろんなことを途中で忘れる!

           

          今日なんか顔洗ったあと、なんか他の用事もしてたらファンデーション塗るの忘れて眉毛描いてしまった。

          塗ってもシミ消えへんから、塗ってへんのわからへんかった(笑)

           

           

          そんな感じで過ぎていく日々やけど、

          もうすぐ久しぶりの展示会で、大阪までの通勤の日々がやって来る。

          どんな出会いがあるんやろう?とワクワクしながら。

           

           

          ずっと彫りたかったポーズのねこは、子供の頃おもちゃにしていた父のうさぎと手触りが似ているように感じる。

           

          お話会の日には、うさぎも連れて行こうと思う。

          あのうさぎがいて、今の私のねこにつながっている。

           

          父からつながる物語を頭の中で組み立てながら、今夜ももう少し、仕事しよう。

           

           

           

           

           

           

           

           


          5月の始まり

          0

             気持ちよく晴れて、暑いくらいの5月のスタート。

             

             

             娘からの誕生日プレゼント。「個展のときに使って」と。

             

            そう、少し前から老眼鏡が必要になった私。

            書いたり読んだりはまだ大丈夫。

            彫るときも、粗彫りはかけなくても出来るけど、

            仕上げの彫りは細かい作業なので、かけないと無理になってしまった。

             

            なので持ち歩くことはほとんどなかったけど、個展のときは確かに必要やもんなぁ。

             

             

            ・・私が「最近見えにくいねん」とぼやいていたとき、

            「疲れてるんちゃう?」と言って老眼であることを否定していた娘。

            眼鏡作ってきたとき、私以上にショックを受けていたのが懐かしい。

             

            良くも悪くも、変わっていくいろいろなこと。

            ここまで元気に生きてこられたこと、

            今日も楽しく仕事が出来ていること、

            たくさんのことに感謝して、また頑張っていこうと思う。

             

             

             

             

             

             


            もうすぐ5月

            0

               洗濯物を干しながら見上げた空。きれいやなぁ〜。

               

               

               満開のこでまりの花。

               

              この花が好きやと言ったら、自分の家の庭に咲いているのをどっさり切って、

              私の誕生日に花束にして届けてくれた友達がいたなぁ。

               

              もうずいぶん長いこと会っていないけど、

              この花を見るたび彼女のことを思い出す。

               

               


              またいつかどこかで

              0

                今日の木彫教室、大学生のお嬢さんが体験に来てくれはった。

                 

                「全く初めて」とのことやったけど、彫刻刀も上手に持って、集中して楽しそうに彫っておられた。

                娘と同い年。横に並んで座って手元を見ていると、娘が小さかったときのことを思い出した。

                 

                娘も小学生の頃、こんなふうに黙々と木を削っていたなぁ。

                あの頃は「私も彫る」って言うてたけど、いつの頃からか言わなくなった。

                それでも私の仕事を見て育って知識はあるから、専門的な話をしても通じるし、的確なアドバイスもしてくれる。

                まぁ、仕事にするには覚悟がいるから。

                 

                私は父の仕事を見て、木や道具とふれあいながら仏さんと一緒に育って、

                この道に進んだ。

                 

                仕事となるとしんどいことももちろんある。

                でも、習い事としてされる方には楽しんでいただきたい。

                気持ちがあれば長く続けられるお稽古事やし、私よりキャリアの長い生徒さんもおられる。

                楽しく木とふれあうお手伝いが出来れば、私は嬉しい。

                 

                 

                今日のお嬢さんも、楽しかった時間を心のどこかに留めておいて、

                ウチの教室やなくてもいいからまたいつかどこかで木と親しんでくれはったらいいな、と思う。

                 

                楽しい時間をありがとうございました。

                 

                 

                 

                 

                 


                また1年

                0

                  1寸1分のお地蔵さんを仕上げるのに使う道具は、

                  5厘の三角と平、6分の極浅、2分から4分の切り出しを10本ほど。

                   

                  細かい彫り。

                  切っ先が欠けたり切り止んだりしたらスカッと仕上がらないので、

                  少しでも引っかかったら刀を変える。

                  だから切り出しはたくさん準備する。

                   

                   

                  昨日は年に一度の乳がん検診に行って来た。

                  数年前に市の集団検診でひっかかってからは、毎年病院で検診を受けるようにしている。

                   

                  京都市の検診は30代までは超音波検査、40代以降はマーモグラフィー。

                  病院は両方してもらえるし、ここ数年は女医さんが診察してくれはるのも気が楽で。

                   

                  市の検診はすぐに結果がわからない。

                  数週間後に届いた封筒を開けて、

                  「えっ?!そうなんや・・」と・・

                  すぐ病院に二次検査に行けたわけでもなかったし、あのザワついた気持ちはもう味わいたくない。

                  それでもマーモの撮影を済ませて、待合室で待っていると不安になる。

                  石灰化が大きくなってないやろうか?とか、いろいろ考えてしまって。

                   

                  診察室に入って、超音波を受けて、二つの検査両方の画像を見ながら、先生の説明を受ける。

                  「変わりないですね。大丈夫ですよ。」

                  あぁ良かった!これでまた1年頑張れる。安心して仕事が出来る。

                   

                  もう娘も大きくなった。

                  以前二次検査になったときは、娘のことを1番に考えたけど、

                  今やったらもう、なんとかやっていけるやろうと思う。

                   

                  でも、彫りたいものがまだまだあるから、

                  まだまだ元気に、頑張って仕事がしたい。

                   

                   

                  一昨日見た桜。このときは「また来年も見れますように」と思って見上げてた。

                   

                   

                  病気や事故、天災、いつ何が起こるかわからへん。

                  いつか「あのとき見たのが最後やったなぁ」っていう日が来るのもわかっている。

                  でも今は、とりあえず一つクリアした。

                   

                  今日、また新たな気持ちで仕事場に座り、お地蔵さんの仕上げをした。

                   

                  1体でも多く彫れますように。

                  必要なひとに届けられますように。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   


                  伏見の長建寺さんで

                  0

                     雨降り。散った花びらたち。

                     

                    大学が春休みの娘と、ランチに出かけた。

                    忙しい彼女、なかなか一緒に出かけることは出来ないので、仕事を調整して。

                     

                    伏見界隈を少し歩く。

                    おみくじがひきたいと、長建寺さんに寄ってもらった。

                     

                    もう一週間もしたらたくさんの人が訪れるんやろうけど、今日は静かで。

                     

                     でも、しだれ桜は満開で。

                     

                     

                    長建寺さんは八臂辨財天がご本尊。時々お参りに寄せてもらっている。

                    さぁ、おみくじは・・気合いを入れて振って、出てきた番号の引き出しを開ける。

                    あれ?見覚えがあるなぁ・・

                    ひいた番号は、前回訪れたときと同じものやった。

                     

                    「苦労してもがんばったら良い結果が待っているよ」

                    「職を変えず精を出しなさい」

                    心得ひとつで良いことにも悪いことにもなるから、調子にのったらあかんよ!と。

                     

                    あぁ、「引き続き頑張りなさい」と言うてくれはったんかなぁと思った。

                     

                     

                    個展まで2ヶ月を切って、だんだん忙しくなってきて、娘には

                    「手ぇ切ったらあかんでっ!!」と毎朝出がけに念を押されるようになってきた。

                    前科があるので仕方ない(笑)

                     

                    自己主張が苦手で、

                    作るばっかりで営業も苦手で、

                    それでもたくさんの方に支えられて今日まで彫り続けてこられた。

                     

                    新しい場所で、新しいご縁もつながることと思う。

                    今まで通り変わることなく、ひとつひとつ丁寧に仕事をしていきたいと思う。

                     

                    辨天さんにも背中を押してもらった気がする。

                    怪我せんように気をつけて、これからも精進します。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     


                    戸惑いながら広げています

                    0

                      ひと月くらい前から、職人さんつながりでfacebookの友達が急激に増えて。

                      急激って言うても日に1人、2人やったんやけど、今日PC開けたら14人も友達リクエストが。

                       

                      いろんな人に作品見てもらえるきっかけになればと始めたはずなのに、

                      本来人見知りの私、自分から積極的に広げることはなく・・3年ほどが経過していた。

                      でもリクエストしてくれはった方の投稿を見て

                      「うわぁ〜っ、すごい仕事してはるなぁ!」とか、

                      「こんな職人さんもいはるんや〜」などと思ってつながっていったら、

                      なんかいろんな国の方から友達リクエストがくるようになって、正直もう、訳がわからなくなってきた。

                      言語が違うから、投稿見てもよくわからへん。(出てくる訳もちんぷんかんぷん)

                      「承認する」「しない」の区別の付けようがない。みんな誰かの友達つながりやから。

                       

                      つながった人が私の投稿に「いいね!」してくれはったのを見てつながっていってるんやろうけど、

                      「なんで?」って思うような方からもリクエストがきていて、不思議に思う。

                       

                      展開についていけてなくて戸惑いながら、ふと、「洗心」のことを思い出した。

                       

                       

                      以前、哲学の道にあったお店。

                      「作り手と使い手のコミュニケーションの場」というコンセプトのもと、運営されていた場所。

                      店番も作り手がしていて、私も作品を置いてもらっていて、お店のお手伝いにも行っていた。

                       

                      お客さんの8割近くが外国の方で、

                      国内国外からのリピーターさんも多くて、

                      「京都に来たら必ず寄るのよ」と言ってくれはる方もたくさんおられた。

                       

                      小さなお店やったけど、お茶を飲みながらゆっくりお話していかれる方も多かった。

                      穏やかな微笑みでお客さんを迎え入れてはったウエタニさんは、もうおられない。

                      マドンナも、元気にしてはるやろうか?

                      「言葉が通じなくても笑顔と根性があれば大丈夫」と、彼女から学ばせてもらったなぁ。

                      身振り手振りでなんとなく通じて、笑顔で去って行くお客さんを安堵の気持ちで見送ることが、何度あったやろう。

                      洗心からたくさんの作品が、外国に旅立っていった。

                       

                       

                      ブログ以上に投稿間隔が空いている私のfacebook。

                      めっちゃ熱心にやっているわけではなく、仕事が忙しかったら何日も見ぃひんし・・

                      でも、

                      たくさんの国があって、たくさんの人がいる中で、私を見つけてくれはった人たちなんやから、

                      実際に会うことはないやろうけど、私の作品と日本の景色とかを楽しんでもらえればいいんかな。

                      私も、

                      訪れることのない景色や、いろんな職人さんたちの技や、可愛い子供さんの笑顔の投稿なんかを、

                      楽しませてもらおう。

                       

                      いつか、洗心で会ったことのある方とつながれたりしたら、嬉しいやろうなぁ。

                       

                      もうすぐ桜が咲く。

                      きっとまた、世界中からたくさんの人が哲学の道を訪れる。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       



                      calendar

                      S M T W T F S
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << May 2018 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • おりんを包み込む蓮の花
                        setsu
                      • おりんを包み込む蓮の花
                        corin
                      • つながる思い
                        setsu
                      • つながる思い
                        Sayoko
                      • 黒檀の蓮華
                        setsu
                      • 黒檀の蓮華
                        rico
                      • 白い花
                        setsu
                      • 白い花
                        マリ
                      • 雨降り
                        setsu
                      • 雨降り
                        マリ

                      recommend

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM