随心院での出会い、如意輪観音さま

0

    世間では10連休の最終日。痛めている指を休ませたくて、思いきって外出してきた。

     

    向かった先は随心院。春期京都非公開文化財特別公開の最終日。

     

     

     

     

    子供の頃から何度も訪れているけれど、本堂にお参りした記憶がない。

    小野小町の化粧の井戸や、梅園の記憶だけ。

    「初めまして」の気持ちでお参りさせてもらう。

     

    中に入ると、随所で説明してくれはる人がおられて、

    興味深くお話を聞きながら奥へと進んでいく。

     

    お庭に面した所は撮影OKとのことで撮らせてもらうけれど、ついつい資料写真ばかりになってしまった。

     

     

     

    「こんな唐草彫ってみたいなぁ」と。

     

     

    その後本堂の中へ。

    たくさん並んでおられる人の列について、内陣にお参りする。

    中心の御本尊のお厨子、

    開いた扉の陰になりすぐ傍にいくまで仏さまのお姿は見られない。

    傍までいって驚いた。

     

    想像以上に大きな如意輪観音さま。

    涼やかな目元に、均整のとれたお身体。

    指先のこなしに思わず感嘆の声がもれる。

    特に足指、見とれてしまった。

     

    あまりにも素晴らしい仏さまに心奪われ、

    その後見た襖絵は頭に入ってこなかった。

     

     

    あまりちゃんと下調べせずに、ふらりと訪れた今日。

    手を伸ばせば届きそうな距離で、お会いすることが出来て幸せやった。

     

    普段訪れても扉は閉まっていて、

    もし開いていても内陣まで入れることはないとのこと。

     

    今日来られてほんまに良かった。

    ・・父は見たことあったんやろうか?

    ふと思った。実家からそれほど遠くないこのお寺、一緒に訪れたことも何度かあった。

    見てなかったんやったら、見せてあげたかったなぁ。

    出来れば一緒に、見たかったなぁ。

     

     

    仏さんを彫ることは、とても苦しい。

    私にとっては、

    とてもとても苦しい作業になる。

     

    それでも、

    素晴らしい仏さんに出会う度に思ってしまう。

    「こんなふうに彫りたいなぁ」って。

     

    自分の腕の未熟さをもどかしく思いながら、

    それでも必死に、

    これからも彫っていくんやろうな。

     

    ほんまに苦しいのに、やっぱり彫りたいって思ってしまう自分にあきれながら。

     

    「お父ちゃんの娘やから、仕方ないわ」って、

    諦めながら。

     

     

     

     


    大好きな仏さまがおられたお寺へ

    0

      一週間前のこと・・

      奈良の岡寺に行って来ました。

       

       

       

       

      「1番好きな仏さまは?」と聞かれたら、今私の頭に浮かぶのは、岡寺の弥勒菩薩さま。

      初めてお会いしたのは、たぶん高校生の頃、京都の博物館で。

       

      常設展示でたくさん並んでおられる仏さまの中におられて、思わず足が止まった。

      「なんて可愛らしくてきれいな仏さんなんやろう・・私もこんな仏さんが彫りたい!」

       

       

      幼い頃、母が時々博物館に連れて行ってくれた。

      三十三間堂とセットのときもあったし、博物館だけのときもあった。

      お弁当持ちで行って、噴水のそばでおにぎり食べることもあったし、

      食堂でミートソーススパゲッティを食べさせてもらえることもあった。

      好きな仏さんがいはると、「絵描きたい」って言うて

      母にもらったメモ用紙に仁王さんの絵を描いたりすることもあった。

       

      その頃にもお会いしてたかもしれないけれど、はっきりと覚えてるのは高校生の頃。

      彫ることを始めていたから、見方が変わっていたんやろう。

       

      金銅仏やから木彫仏とは違うんやけれど、

      あの柔らかなお身体の線と微笑みに魅了されて。

       

       

      それから何回お会いしたやろう?

      いつも博物館のガラス越し。

       

      もともといはったお寺はどんなとこなんやろう?

      帰らはることはないんかな?

       

       

      博物館、きれいにしはってから常設で出てはる仏さまが少なくならはった。

      お会いするのが難しくなってしまった・・

       

       

      お寺には「お身代わり」の仏さまもおられると知った。

      奈良、飛鳥の岡寺さん。大好きなあの仏さまがおられた場所へ、行ってみたいと。

       

       

      車が行き違い出来ない細い坂道を登った先に、立派なお寺があった。

       

       

      塔の前からの景色。

       

       

       

       

      赤、緑、両方の色のモミジ。

       

       

      塑像のご本尊さまの、ふっくらとやわらかな指先が今も頭から離れない。

      何体もの仏さまがおられて、順にお顔を見ながら進んで行った先におられたお身代わりの仏さま。

      再会・・ではなく、初めまして、なんやけど、

      うまく言えへんけど、似ておられても違う仏さまで、でもやっぱりこの方も好き!と思える仏さまで・・

       

      「来れて良かった」

      そう思える場所やった。

       

      今回お寺の方にいろいろとお話を聞かせていただくことが出来て、楽しい時間を過ごさせていただいた。

      ただお参りするだけではなく、少し深く知ることが出来るとまた見え方も変わってくる。

      私も作り手の目線を持っている者として、何かお伝えしていけたらいいなぁと思う。

       

      紅葉だけでなく、美しいものはたくさん。

       

       

       

      また、違う季節に。

      会いに行きます。

       

       

       


      刃物と一緒に気持ちも研ぎ澄まして

      0

        今度のお地蔵さんは、少し細め。ここからまだ仕上げに一日かかる。

         

         

        高さ1寸1分、幅と奥行き6分で木出しして彫り進めていくお地蔵さん。

        途中、ウチのお地蔵さんたちの間に入ってもらって、バランスを見比べながら彫り進めていく。

        仕事の手を止めるときも、一緒に並んでもらっている。

        ひとりでさみしくないように・・と。

         

        ふっくらしてはったり、ちょっと痩せてはったり、お顔もいろいろ。

         

        「どんなひとのところにいくんやろうなぁ」

        って、彫りながらいつも思う。

         

        お顔の仕上げはいつも周りが静かになった夜中にすることが多いんやけど、

        今、暑くて、昼間ずっと使っている冷風機の音に周りの音がかき消されるから、しっかり深く集中出来る。

         

        仏さまを彫るという仕事は、身を削ること・・そんなふうに仕事をしてきた人たちを、ずっと見ながら育ってきた。

        私もあと何体彫れるんやろうなぁ。

        出来るだけたくさん、誰かの役に立てればいいな。

         

        さぁ、刃物を研いで、最後の仕上げ。

         

         

         

         

         


        昔、洗心で

        0

           仕事場の引き出しの中、白生地に包まれて眠っておられる仏さま。

           

          今はもうなくなってしまったけれど、哲学の道に「洗心」というお店があって、そこに置いてもらっていた仏さまです。

          額装して、壁に飾ってもらっていました。

          2体あって、1体はご縁があって旅立っていきましたが、この方はウチに帰ってきました。

           

          額からはずして、今は引き出しに入ってはります。

           

          彫ったのはもう10年くらい前になるでしょうか。

          ふくよかな手足、引き締まったお顔。30代の頃の作品、今彫ってもこんなふうには彫れへんなぁ・・と思います。

           

          この仏さまを覚えていてくださって、

          「あれ、良かったよねぇ」と言うてくれはった方がおられました(ブログに載せてって言うてくださってたのに、遅くなって申し訳ありません)

           

          もともと百貨店の催事用に作ってくれと言われて、

          その頃他の仕事もしていたし、娘もまだ小さかったし、なんとか時間をやりくりして何日も徹夜をして、ふらふらになって彫った仏さまです。

          「自分が思うことに手がついてくるまで何年もかかる」という父の言葉を思い出しながら、苦しんで、でも精一杯彫った仏さま。

          上手い下手でいうと決して上手くはないと思っていたので、帰ってきはったときに引き出しにしまってしまいました。

           

          仏師としてきっちりとした仕事をする父を見て育ちました。

          自分も修行にも出たので、たくさんの決まり事の中で仏像が作られていることはとてもよくわかっています。

           

          そういうところを離れて、もっと身近な仏さんが彫りたい・・と思っても、「崩したらあかん」と思ってしまう自分もいました。

           

          でも、ひとの心に響くのは上手い下手やないんや、

          決まり事にきっちり沿って作ってなくても伝わるんやと、

          最近ようやく納得できるようになりました。

           

          教えてくださったのは私のお客さまたちです。

          この仏さまのことでも、ずっと覚えててくれはったことはとても嬉しいことでした。

           

           

           

          実はもう1体、あのとき彫りきれなかった方がおられます。

           

          あれからいろんなことがありました。

          今やったら、柔らかいお顔に仕上がらはるような気がします。

          途中で止まったまま10年経ちましたが、いつか仕上げて見ていただけたら・・と思います。

           

           

           

           

           

           

           

           

           


          大きな背中

          0
            木を削りながら、思い出すのは大きな背中。
            先週、奈良国立博物館で開催中の「白鳳展」に行ってきた。

            薄暗い館内はたくさんの人。ガラスケースの前をゆっくりと流れていく。
            お久しぶりの仏さまや、はじめましての仏さま。
            お寺におられるときは見られない、横からのお姿や、後ろ姿。
            正面からとは全然印象の違う方もたくさんおられて、とても勉強になる。

            会場の中ほど、順番に進んできて、「さぁ、次の展示室へ・・」と振り返って

            「えっ!?」

            そこにおられたのは、大きな大きな仏さま。

            薬師寺の月光菩薩さまだった。

            今回出で来られてるのは知っていて、お会い出来るのを楽しみにしていたのだけれど、
            私は20年以上お会いしてない間に、
            自分の中で“等身大より少し大きいお姿” と勝手に思い込んでいた。

            頭が混乱したまま、足元へ引き寄せられていく。
            見上げた先には凛々しいお顔。
            そっと後ろへまわらせていただく。初めて見るお背中。息をしておられるようだ。

            しばらく見惚れて、ぐるり一周させてもらって、また後ろにもどって。

            今生で、あと何回お会いできるかわからないけど、後ろ姿を見せていただけるのは、これが最初で最後かも・・
            そう思いながら、やわらかな後ろ姿をしばらく眺めていた私。

            「しっかり仕事しなさい」 そう言われた気がした。


            いろいろな素材でつくられた、たくさんの仏さまにお会いした。
            いつも思うんやけど、
            最初からそのお姿で、そこに存在してはったように思うんやけど、そうやなくて、
            誰かがつくったものなんやなぁ・・って。

            誰かがつくったものなんやけど、そのことを忘れさせる存在として、そこにおられる仏さま。

            私も“楽しい”と“苦しい”と両方の気持ちを感じながら、これからも彫っていくんやろうなぁ。
            そんなことを考えた秋の一日だった。

            昔々から今日まで、
            たくさんの職人がいて、たくさんの仏さまが生まれた。
            名は残らなかったけど、つくったものは残って、今もたくさんの人が手を合わす・・
            そんな仏さまがたくさんおられる。仏師の仕事って、すごいなぁ。

            私の父も、その中のひとり。

            父のように、たくさん彫ることは出来ないけれど、
            父のように、ひとつひとつ丁寧に仕事をしていこうと思う。


             

            1

            calendar

            S M T W T F S
                  1
            2345678
            9101112131415
            16171819202122
            23242526272829
            30      
            << June 2019 >>

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            • おりんを包み込む蓮の花
              setsu
            • おりんを包み込む蓮の花
              corin
            • つながる思い
              setsu
            • つながる思い
              Sayoko
            • 黒檀の蓮華
              setsu
            • 黒檀の蓮華
              rico
            • 白い花
              setsu
            • 白い花
              マリ
            • 雨降り
              setsu
            • 雨降り
              マリ

            recommend

            links

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM