新しい彫刻刀

0

    先日購入した5厘の平刀と、ストックしてあった3分の切り出し刀。

     

    昔父が彫った等身大の肖像の端材で、柄を作る。

     

    30年も仕事していると必要な道具はあらかた揃っているから、道具を買いに行くこともほとんどない。

    でも平刀は使い込んで短くなってしまったので、新たに購入した。

    短くてもまだまだ使えるんやけど、長くないと彫りが届かへんところもあるので。

     

    ほんまは5厘やなくて、3厘がほしかったけど、「ない」って言われた。

    もう1件の道具屋さんやったんかなぁ?

    そちらの職人さんはもう亡くならはって、お店がなくなってしまった。

     

     

    柄を据えるのは大好きな作業。

    父から教わったとおりに今も手を進める。

    修行に行くことが決まって、最低限必要な道具を父と一緒に四条の常久さんに買いに行って、

    父に教わりながら二人で柄を作った。あれも7月やったなぁ。

     

    柄の木には桧を使う。

    柔らかくて削りやすいから、楽しくて。

     

    自分の手になじむように形を整えた柄。削りたてで真っ白な木は、また使い込まれて色が変わっていく。

     

    残りの人生、一緒に仕事してくれる道具たち。

    もう5厘の平刀は買い足さんでも大丈夫やろう。

     

     

    ・・「こんな細い道具、何に使うの?」って思わはりますか?

    いつも彫ってる1寸のお地蔵さんの、耳の後ろ彫るのに使います。

    他にも、観音さまの首元とか。

    私は細かい仕事が多いので、細い道具がけっこう必要です。

     

    しっかり研いで、大切に使います!

     

     

     


    古い道具箱

    0

        引き出しの取っ手。 父が作った。

       

       

       父の道具箱。七段引き出しの方は漆が塗ってある。

       

      道具箱ももちろん父が作ったもの。

      浅い引き出しには彫刻刀、深い引き出しには鑿(のみ)、一番深い引き出しには鉋(かんな)などが入っている。

       

       梅干しの種や金属で作られた取っ手もある。楽しんで作ってはったんがよくわかる。

       

       

      一番最初に作らはった道具箱の引き出しは、私が修行を始めるときに譲ってくれはった。

      作らはってから70年近く経っている今も、大切に使わせてもらっている。

       

      父ほど凝ったことは出来ひんけど、私も自分で道具箱を作るし、取っ手も作る。

       

      中に納める道具にも、道具を納める器にも、こだわりと愛情を込めて。

       

      これも父から教わったこと。

       

       

       

       

       


      毛引きと金槌

      0

         ずっと使っている毛引きと金槌のセット。それと豆鉋。

         

        家が火事になる夢を見たとき、夢の中の私はこの道具を持って逃げようとしていた。

        普段意識していなかったけど、それほど大事に思っているんだろう。

         

        父お手製の道具。竹で作られた金槌の柄。 東京の個展のとき、この曲線を「セクシーだ」と言ったひとがおられた。

        この小さな金槌で毛引きを叩いて、刃の出す幅を調整する。

         

        きっと何度も手にとって握って振ってみて、

        握りやすさ、叩きやすさのバランスを考えながら少しずつ調整して、削り出した柄の形なんやろう。

         

         小ぶりの毛引きは手にすっぽり収まって、使いやすい。

         

        いつ頃やったか覚えていないけど、私に譲ってくれた道具。

         

        仏さんになる木もあれば、仏さんを作る道具になる木もある。

        どの木も皆、愛おしい。

         

         

         


        八寸五分の鉋(かんな)

        0

           父の使っていた鉋(かんな)ちょっと不思議な形。

           

           裏側はこんなふう。

           

           

           

           たぶん、元々刃が入ってた部分の横が割れてしまったんやろう。

          釘を打って止めてあるし、刃が出る部分は木を埋めて塞がれている。

           

           「竹内」の「タ」が彫り込んであるから、修業時代から使っていたんやろうか?

          一人で仕事しているなら、名前を彫る必要はない。

           

           

          仏さまを彫るとき、原木からノコギリで切り出して、鉋をかけて、きっちりした直方体にする。

          大きい仏さまは寄せ木で作るから、そのときにも鉋は重要。

          張り合わす木がきれいに鉋かけが出来ていないと、貼り面に隙間が出来てしまう。

           

          今は電動鉋でしてしまう人が多いんやろうけど、昔は手作業。

           

          道具は大切にするひとやったけど、

          きっと、特別思い入れのある道具やったんやろう。

          割れた台を直して、反対側に新しい穴を彫って刃を入れて、使い続けたくらいなんやから。

           

           何度も金槌で叩かれて、潰れた角。 たくさんの木を整えた、木の台。

           

          手に馴染む滑らかな曲線。 この木には、父の時間が染み込んでいる。

           

          その上に、私の時間も重ねられていく。

           

           

           

           

           


          丸刀用の砥石たち

          0

             

            今でも父の道具を借りるときは、「お借りします」

            使い終わったあとは、「ありがとうございました」 と、必ず声をかける。

             

            父のあの手はもうないのだけれど。

             

            なによりも、道具を大切にしていたひとやから。

             

            上の写真は、丸刀の裏研ぎ用の砥石。彫刻刀は裏も表も両方研がないと、切れるようにならない。

            平刀や切り出し刀は平らやから、まっすぐ研げばいいけれど、丸や三角は表と裏では使う砥石の形が違う。

             

            彫刻刀の大きさ、形に合わせて削ってつくられている砥石。溝が彫られた台も、もちろんお手製。

             

            自分の仕事がしやすいように道具をつくる。

            職人さんって、すごいなぁって思う。

             

            使わせてもらえることに今日も感謝して、仕事をしている。

             

             

             


            いつもそばに、ずっと一緒に

            0

              私の手元には、3種類の道具があって、

               

              ひとつは、父から譲り受けた道具たち。

              それから、自分で買いそろえた道具たち。

               

              もうひとつは、父が使っていた道具たち。

               

              それらのものが混ざりあった空間で、仕事をしている私。

               

              父が使っていた道具たちは、いまだに手をつけられず大事に保管しているものが大半で、

              でも、使わせてもらっているものも、いくつかあって。

               

               

              例えばこの、手回しドリル。 アクセサリーを作るとき、透かしのデザインの部分に穴を開けるのに使っている。

              ボール盤も持っているけど、電動工具は音がうるさいから、こっちの方が気が楽で。

               

              いったい何年前の道具なんやろう?私が物心ついたときには父の仕事場にあったけど・・

              昔のものは、シンプルで、長持ちしてくれる。ときどき油をさして、大事に使わせてもらっている。

               

               

              いろいろなエピソードがつまった、たくさんの道具たち。

              他の家族は知らんのやろうなぁ〜ということもたくさんあるので、私がいなくなってしまったら、何も伝わらないということに気づき・・

               

              これからときどき、少しずつ紹介させてもらおうかな、と思っています。

               

               

               

               


              道具を増やす

              0

                 ストックしてある彫刻刀。 久しぶりに柄を作って道具を増やす。

                 

                 

                2枚のヒノキの板に溝を彫って挟み込む。 中に隠れる部分には錆びないようにロウをひく。

                 

                 

                ボンドを塗ったらビニールひもが木にくい込む位きつくしばって、一日置いておく。

                 

                 

                乾いたらひもを解いて、のみ一本でざくざく削っていく。 最初はこんな大きな木くず。

                 

                仕上げになると、小さくて、くるくるした木くず。長さは1〜2センチくらい。

                 

                 

                 

                 

                 自分の手に合わせて、握りやすい形に整えて出来あがり。

                 

                しっかり研いだら、新しい道具として仲間入り。これから長いこと、一緒に仕事していく仲間。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 


                1

                calendar

                S M T W T F S
                 123456
                78910111213
                14151617181920
                21222324252627
                28293031   
                << October 2018 >>

                selected entries

                categories

                archives

                recent comment

                • おりんを包み込む蓮の花
                  setsu
                • おりんを包み込む蓮の花
                  corin
                • つながる思い
                  setsu
                • つながる思い
                  Sayoko
                • 黒檀の蓮華
                  setsu
                • 黒檀の蓮華
                  rico
                • 白い花
                  setsu
                • 白い花
                  マリ
                • 雨降り
                  setsu
                • 雨降り
                  マリ

                recommend

                links

                profile

                search this site.

                others

                mobile

                qrcode

                powered

                無料ブログ作成サービス JUGEM