刃物と一緒に気持ちも研ぎ澄まして

0

    今度のお地蔵さんは、少し細め。ここからまだ仕上げに一日かかる。

     

     

    高さ1寸1分、幅と奥行き6分で木出しして彫り進めていくお地蔵さん。

    途中、ウチのお地蔵さんたちの間に入ってもらって、バランスを見比べながら彫り進めていく。

    仕事の手を止めるときも、一緒に並んでもらっている。

    ひとりでさみしくないように・・と。

     

    ふっくらしてはったり、ちょっと痩せてはったり、お顔もいろいろ。

     

    「どんなひとのところにいくんやろうなぁ」

    って、彫りながらいつも思う。

     

    お顔の仕上げはいつも周りが静かになった夜中にすることが多いんやけど、

    今、暑くて、昼間ずっと使っている冷風機の音に周りの音がかき消されるから、しっかり深く集中出来る。

     

    仏さまを彫るという仕事は、身を削ること・・そんなふうに仕事をしてきた人たちを、ずっと見ながら育ってきた。

    私もあと何体彫れるんやろうなぁ。

    出来るだけたくさん、誰かの役に立てればいいな。

     

    さぁ、刃物を研いで、最後の仕上げ。

     

     

     

     

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << May 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • おりんを包み込む蓮の花
      setsu
    • おりんを包み込む蓮の花
      corin
    • つながる思い
      setsu
    • つながる思い
      Sayoko
    • 黒檀の蓮華
      setsu
    • 黒檀の蓮華
      rico
    • 白い花
      setsu
    • 白い花
      マリ
    • 雨降り
      setsu
    • 雨降り
      マリ

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM