8×3で24

0

    「一日24時間。8時間寝て、8時間遊んで、8時間仕事する」

    そう言ってわははと笑っていた父。

    めっちゃ長時間仕事をした日に、ふと思い出す。

     

    今思えば、自宅で一人での仕事やったけど、規則正しく働いてはったなぁ。

    朝9時頃から座らはって、お昼ご飯が12時、晩ご飯が18時。晩ご飯のあとも夜なべしてはった。

    小さい頃母に寝かしつけられてるときに、

    奥の暗い仕事部屋から手元を照らすオレンジ色の灯りがもれてきてたのを覚えている。

     

    私が小学校卒業した春、一度三途の川を渡りかけはったんやけど、

    それまでは毎朝のように宇治川に釣りに行ってはった。

    朝の5時くらいに起きて、自転車乗って。

    川も山も大好きやった。

     

    ふるさと蒲郡には海もあった。

    本家の従姉妹が話してた。「毎日海行って魚捕ってくるんよ」

    京都で暮らしても同じように、

    きっと何よりの時間やったんやろう。

     

    あとは盆栽。

    お昼ご飯のあとに枝の剪定したり植え替えしたりしてはったなぁ。

    張りつめた気持ちを草木が緩めてくれる。

    今、私も同じ気持ち。

     

    60歳過ぎた頃からは、木工を始めはった。

    お盆や茶托を彫って、塗って。

    昼休みや夜に、漆研いではった背中を思い出す。

     

    父は、上手に自分の好きなことを散りばめながら、

    仏さんを彫るという仕事をずっと続けた。

     

     

    でも、お父ちゃん。8時間も遊んでなかったよね?

    その半分くらいは、仕事にまわしてたんやなかったかな。

     

    それに、定休日もなかったやんなぁ。

    「丁稚の頃は1日と15日が休みで、その日は一日鍛冶屋さんに入り浸ってた」って言うてたけど、

    私、お父ちゃんが休んでるのって元日くらいしか記憶にないわ。

     

    今、まわりを見てみると、

    8時間以上働いてる人だらけ。

    掛け持ちで朝から晩まで働いてたり、勤務時間がすごく長かったり。

    目標があって好きな仕事でも、いつか身体が悲鳴を上げるよ〜!って思う。

    気持ちで乗り切れても、

    身体はいっぱいいっぱいやったりもする。

     

     

    8×3に上手に割り振れなくても、

    みんな、無理なく楽しく生きていけたらいいのになぁ・・

     

    それってなかなか難しい。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • おりんを包み込む蓮の花
      setsu
    • おりんを包み込む蓮の花
      corin
    • つながる思い
      setsu
    • つながる思い
      Sayoko
    • 黒檀の蓮華
      setsu
    • 黒檀の蓮華
      rico
    • 白い花
      setsu
    • 白い花
      マリ
    • 雨降り
      setsu
    • 雨降り
      マリ

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM