楽しかった気持ちが今につながっている

0

    作品の仕上げの前には、必ず刃物を研ぐ。

     

    研ぎ立てのめちゃめちゃ良く切れる状態で木を削ってやって、きれいに仕上げるために。

    それと同時に、気持ちも研ぎ澄まして自分に気合いをいれるために。

     

     

     

    研ぎ上がった道具たちを見て、「きれい」と思うし、気持ちが高ぶる。

     

    でも、これを見て「怖い」と感じるひとも・・

     

    今まで意識したことがなかったけれど、これは鋭利な刃物で、手元が狂えば大怪我をするわけで。

    それを一日に8時間も10時間も握りしめて仕事をしているんやから、常に緊張しているわけやんなぁ・・

    そんな話を娘にしたら、

    「うん。お母さんの集中力はすごいと思うで」と言われた。

    そうか、私のしていることはすごいことなんや。だからこんなにヘトヘトになるんや。

    細かい作品が多いから疲れるんや、そう思ってきたけど危険と隣り合わせの仕事なんやなぁ。

     

    無意識で何十年も仕事してきた。

    彫刻刀を怖いと思ったことなどなかった。

    なんでやろう?

    そう考えたら、やっぱり父の存在が。

     

    子供の頃、彫っている父の手元を見ているのが好きやった。

    心地良い音をたてて削られていく木から、いろんなものが姿を現してくる。

    まるで手品か魔法のように。

     

    子供の私は、父が操る彫刻刀を魔法の杖のように感じていたのかもしれない。

     

     

    食事のときに箸を持つように、

    文字を書くときに鉛筆を持つように、

    木を削るときに彫刻刀を持つのは、我が家では日常の風景やった。

    そして私も父と同じように、彫刻刀を持つようになった。

    最初はもちろん上手く削れなかったけど、

    今はずいぶん道具とも木とも仲良くなれたと思う。

     

    個展のときには、また会場で木を削る。

    私が幼い頃に感じたあのワクワク感を味わっていただきたくて。

     

    今も覚えている。

    左後ろから覗き込んでた父の手元。白い膝掛けの上に落ちる小さな木くず。

    テンポ良く削られていく木。

     

    今は私の手が、同じように木を削る。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     


    関連する記事
    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << April 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • おりんを包み込む蓮の花
      setsu
    • おりんを包み込む蓮の花
      corin
    • つながる思い
      setsu
    • つながる思い
      Sayoko
    • 黒檀の蓮華
      setsu
    • 黒檀の蓮華
      rico
    • 白い花
      setsu
    • 白い花
      マリ
    • 雨降り
      setsu
    • 雨降り
      マリ

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM