小さな炎を静かに燃やして

0

     

     白生地に包まれた仏さま。縦1寸7分、横1寸3分の香合仏。

     

    仏さまの仕上げのときは、木地を汚さないように白生地に包んで仕上げをする。

    席を離れるときは、こうやってすっぽり包む。

     

    戻って、手にとって、布を開いて。

    父がしていたのと同じように、私も仕事する。

     

     

    小さな香合の蓋を開けると、蓮の上に大日如来さま。

    お気に入りの大日如来さまがおられるので、そのお姿に似せて・・とのご注文。

    久しぶりの香合仏の仕事。

     

     

    私の手元には、20代の頃に彫った大日さんの香合がある。

    若い頃の仕事は、勢いがある。

    でも、歳を重ねて、いろんな経験をしたから彫れるようになったものもある。

    仏さんのお顔は今の方がいい。

    でも、光背の火炎、これだけスカッと彫れるやろうか・・?

    そんなことを取りかかる前に考えていた。

    気持ちで負けていたのかもしれない。

     

    煮詰まって、いろんなことを考えた。

    彫りの仕事で悩んでいてもらったんやない、

    他のことで悩んでいるときにかけてもらった言葉もいろいろ浮かんだ。

     

    いろんなしんどかったことも思い出したし、

    いろんなひとにいっぱい助けてもらったことも思い出した。

     

    頑張ったってかなわへんひともいる。

    けど、

    昔の自分が出来たことが出来ひんのは我慢出来ひん。

    そこに行き着いたら、すっと道が開けた。

    私、負けず嫌いやから(笑)

     

     

    丁寧に鉛筆で下描きをして、

    三角刀で線を入れていく。

    切り出し刀で炎の曲線を彫り出していく。

    ひとつひとつ、丁寧に。

    もう大丈夫。

    動き出した小さな炎たち。

     

    もう大丈夫。

    ひとつひとつ乗り越えて、

    私はこれからも彫っていける。

     

     


    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • おりんを包み込む蓮の花
      setsu
    • おりんを包み込む蓮の花
      corin
    • つながる思い
      setsu
    • つながる思い
      Sayoko
    • 黒檀の蓮華
      setsu
    • 黒檀の蓮華
      rico
    • 白い花
      setsu
    • 白い花
      マリ
    • 雨降り
      setsu
    • 雨降り
      マリ

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM