その先にあったはずのものについて考える

0

    今年後半、続けて取材のお話をいただいたことで自分の今までを振り返ることになった。

     

    それから、「あなたの夢は?」とも問いかけられて

    「来年50なんやけど、若者やないんやけど、夢語っていいの?」と思ったりもした。

     

    いろいろあった今までの道のりをもう一度思い出して、整理し直して、

    これからどうしていきたいか改めて考えた。

     

    そんなたくさんの考える時間の中で、ふと思った。

    「お父ちゃんの夢はなんやったんやろう・・?」

     

    私は幼い頃から父の跡を継ぐと言い続けて、最後は認めてもらって、

    「親子やったら甘なるから他所いって修行して来い」と言われて他の仏師さんの所へ修行にいった。

    そして、そこでくたくたになって何もかも嫌になって彫ることをやめてしまった。

    その後、「やっぱり彫りたい」と思ってまた彫り始めたけれど、

    もう一度仕事として頑張るだけの覚悟は持てなかった。

     

    それからずいぶんいろんなことがあって、

    仕事として彫る覚悟を決めて、

    娘と二人三脚、まわりのたくさんのひとに支えられながらここまで歩んできた。

     

    今、いろいろな種類の木で、いろいろな作品をつくっている。

     

     

    仏さまを彫るときは、父が残してくれた木を大切に使う。

    この木の中に、どんな仏さんを見てはったんやろう?

    この木を手に入れはったとき、どんな気持ちでいはったんやろう?

     

    たぶん私が生まれるずっと前のこと。

    きっと胸躍らせて、いろいろ考えてはったやろう。

    手つかずで置いていかはった木で、

    私は私に見える仏さんを彫り出させてもらいながら、見えない答えを探し続ける。

     

    そしてもうひとつ、今頃になって考えるのは、

    私が修行が終わって帰ってきたら・・と、思い描いてはったことがあったんやないやろうか?と。

     

    二人で一緒に彫りたいものがあったんやないやろうか。

    その日を密かに楽しみにしてくれてはったんやないやろうか。

    お父ちゃん自身も自由になって、彫りたいものがきっとたくさんあったはずや。

     

    お父ちゃんの夢、きっとあったはずなのに・・

     

    ちゃんと聞けばよかった。今頃になって、アホやなぁ、私。

     

     

    ・・彫り続けていたら、

    いつか答えが降ってくるやろうか。

    いろんな答えが、

    突然降ってくるのと同じように。

     

    いつかそんなときが来るのを待ちながら、

    すべての木を愛しんで、

    ひとつひとつ丁寧に、仕事をし続けていきたいと思う。

     

     

     

     

     

     


    関連する記事
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << May 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • おりんを包み込む蓮の花
      setsu
    • おりんを包み込む蓮の花
      corin
    • つながる思い
      setsu
    • つながる思い
      Sayoko
    • 黒檀の蓮華
      setsu
    • 黒檀の蓮華
      rico
    • 白い花
      setsu
    • 白い花
      マリ
    • 雨降り
      setsu
    • 雨降り
      マリ

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM