木とハイタッチ

0

    蒸し暑く、早くも熱中症になりそうな毎日ですね。

     

    制作、ご連絡、発送と、日々頑張っています。

     

     

    電話をかけるのはやっぱり苦手でしんどい作業ですが、

    「楽しみに待っていました!」

    と言っていただくと気持ちも和みます。

    また、お礼のメールや手紙も励みになります。

    ありがとうございます。

     

     

    私は箱につめる作業のときに、一つ一つの作品に必ず

    「いってらっしゃい」

    と声をかけます。

     

    「可愛がってもらいや〜」と、

    「後は任せたで!」という両方の気持ちを込めて。

     

     

    私の作品は、

    仏さまはもちろんのこと

    アクセサリーであっても、

    お守り的な存在として求められる方がたくさんおられます。

     

    例えば、

    ピアスをご愛用いただいている方が

    「『今日も守ってね』と毎朝つけたときに声をかけるのよ」

    と言ってくださったり。

     

    触れることで気持ちが落ち着く・・

    それは、私の力ではなく木の力やと思っています。

     

     

    私がいつも心がけているのは、

    「自分勝手に仕事をしない」ということで、

    木と相談しながら、それぞれの木の力、魅力が一番発揮出来る形に作り上げていくということです。

     

    だから大きさや木目を見て、その木に一番適した形に作り上げていきますし、

    削られている木が気持ちいいようにしっかり刃物も研ぎます。

     

    「何になりたい」という木の気持ちも大切に、仕事をしているつもりです。

    二人(?木やけど)の共同作業なのです。

     

    だから、

    手にされたときの喜んでくれてはるお顔だったり、

    「一生大切にします」の言葉だったり、

    とても嬉しくて、

    その木と「やったね!」とハイタッチしているような気持ちになります(笑)

     

     

    私は、精一杯のことをして送り出しました。

     

    あとはその木が、

     

    ご縁があった方の元で

    嬉しいときも悲しいときも、

    そっと寄り添う存在であってほしい。

    その方にとって、心安らぐ、気持ち華やぐ、

    プラスになれる存在であり続けて欲しい。

     

    そう思い続けています。

     

     

    まだまだお待ちいただいている方がたくさんおられます。

    これからも木と気持ち通わせながら、

    ひとつひとつ丁寧に仕事をして送り出していきたいと思います。

     

     

     

     

     


    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • おりんを包み込む蓮の花
      setsu
    • おりんを包み込む蓮の花
      corin
    • つながる思い
      setsu
    • つながる思い
      Sayoko
    • 黒檀の蓮華
      setsu
    • 黒檀の蓮華
      rico
    • 白い花
      setsu
    • 白い花
      マリ
    • 雨降り
      setsu
    • 雨降り
      マリ

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM