明日も明後日も彫れますように

0

     

     仕事部屋は寒いので、南向きの台所で。

     

     

    一昨昨日に和つなぎの荒彫りをして、右手親指の爪がえぐれてしまった。

    昨日、一昨日はブレスレットの玉を彫って、右手親指と人差し指の感覚がなくなってしまった。

     

    なので今日はお地蔵さんの仕事。

    仕上がる頃には爪も伸びてきて、また次の荒彫りが出来るはず。

     

    彫るものによって、力のいれ加減が違うから、負担のかかる部位も違ってくる。

    なのでなるべく同じ仕事を続けへんようにして、身体を守りながら仕事をする。

    まぁもちろん、そういうわけにいかへんときもあるんやけれど。

     

    待っててくれてはるひとがたくさんいはる。

    自分も彫りたくて彫れてへんものがまだたくさんある。

     

    だからまだまだ仕事がしたいと思う。

     

     

     

    仕事場に置いてある1枚の写真。

    父と二人で笑顔の写真。

     

    姉の結婚式の後に撮ったもの。

    その数時間後に、父は心筋梗塞で逝ってしまった。

     

     

    人って、いつどうなるかわからへん。

     

     

    一番身近で大切なひとが、そう教えてくれた。

     

    それを自分に戒めて仕事するために、

    数年前からその写真をそばに置くようになった。

     

     

     

    病気、事故、災害、

    どんな形でかはわからへんけど、必ず人生の幕は下りるし、

     

    明日も目が覚めて、

    美味しくご飯が食べられて、

    元気に動けるってことを当たり前のように思ってるけれど

    ほんまはそれは、

    奇跡みたいなことなのかもしれへん。

     

    でも

    今日が人生最後の日!みたいに思って無茶してしまったら、

    やっぱりしんどくなってしまうから、

     

    明日も明後日も続いていくと信じて、

    段取りつけて生きていくわけなんやけど。

     

     

    きっと、

    どれだけ仕事しても、

    「あぁ、もっと彫りたかったなぁ〜」って、最期のときに思うんやろうな。

    でも、

    「まぁ仕方ないなぁ〜」って、あきらめて旅立つんやろうな。

     

     

    その日が明日なのか、数十年後なのかはわからへんけど、

    残された時間を大切に、

    ひとつひとつ彫り続けていくだけ。

     

    今日仕事が出来てることに感謝して。

     

    どうか明日も明後日も、と、

     

    心の中で願いながら。

     

     

     

     

     

     

     



    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • おりんを包み込む蓮の花
      setsu
    • おりんを包み込む蓮の花
      corin
    • つながる思い
      setsu
    • つながる思い
      Sayoko
    • 黒檀の蓮華
      setsu
    • 黒檀の蓮華
      rico
    • 白い花
      setsu
    • 白い花
      マリ
    • 雨降り
      setsu
    • 雨降り
      マリ

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM