個展のDMにこめる想い

0

    個展の回を重ねるごとに、悩むようになってきたタイトルと写真。

     

    「今回はどうしよう?」

    仕事しながら、いろんな言葉が頭の中をぐるぐると・・

     

    タイトルは「これやっ!」と思うものが降りてきて、

    次はそこに添える言葉。

    あまり長々とは書きたくないし、でも自分の思いはしっかり伝えたいし。

     

     

    私はDMも自分の作品のひとつやと思っています。

    最初の頃は、それほど強く思ってはいなかったのですが、

    「家に飾っています」とのお声をいただくようになり、

    飾って見ていたいと思ってもらえるものを作りたい、と意識するようになりました。

     

    今回の個展は桜の頃なので、作品写真は桜モチーフの和つなぎにしよう。

    完成したものに本物の桜の花をからめて写真を撮ろう。

     

    ・・そうイメージしていました。

    でも、彫っているときに木くずが花びらのように見えてきました。

    使っていた道具も、たくさん持っている中でも特にお気に入りの道具です。

     

    これを写真に撮った方が、良いんやないやろうか?

    そしたら、タイトルに添える言葉も降りてきました。

     

     

    今回のタイトルは

    「手から手へ」

     

    添える言葉の中に、「作り手の手」という言葉を入れています。

     

    その手とは、

    私の手だけやなくて、

    道具を造らはった職人さんの手や、

    木を育てはった職人さんの手など。

     

    お顔の思い浮かぶひと、浮かばへんひと、

    たくさんのひとの仕事がつながって、形になって、次の場所へと旅立って行きます。

     

    そんな想いをこめたDMにしました。

     

     

    今回DM作製にあたって、ギャラリー側で、デザイナーの方に撮影していただくことも可能でした。

     

    プロの方に委ねたら、どんなふうに撮ってくれはるんやろう?

     

    そんな興味もありました。

     

    でも、私は木のことも、道具のことも、愛しています。

     

    プロの方のような技術はないけれど、

    やっぱり自分で撮った方が、気持ちの通った写真が撮れるんやないかと思い、

    いつものように自分で撮影することにしました。

     

    だからこその途中経過の写真ですね。

    これで良かった!と思っています。

     

    「この作品が、どんなふうに仕上がったんやろう?」

    そんなふうに思って、足を運んでいただければ嬉しいです。

     

     

     

     

     



    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << April 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • おりんを包み込む蓮の花
      setsu
    • おりんを包み込む蓮の花
      corin
    • つながる思い
      setsu
    • つながる思い
      Sayoko
    • 黒檀の蓮華
      setsu
    • 黒檀の蓮華
      rico
    • 白い花
      setsu
    • 白い花
      マリ
    • 雨降り
      setsu
    • 雨降り
      マリ

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM