今年の蓮たち2・黄檗山萬福寺の蓮

0

     

    今日は宇治の黄檗山萬福寺に、蓮を見に行って来た。

     

     

     

    三門入って左手に並べられた鉢たち。今までと違う位置に少し戸惑った。

     

    お寺さんのFacebookページで

    「コロナウイルスの影響を受け、鉢に入った蓮の維持が難しくなりました。

    今年で最後になるかも知れません」

    との投稿があり、驚いて会いに行った花たち。

     

     

     

     

     

     

    私が生まれ育ったのはこの近くで、このお寺さんは今も大好きな場所。

    日本三禅宗の一つ、黄檗宗の大本山であるお寺は独特の雰囲気で。

     

     

     

     

     

     

    小さい頃は、ここをぴょんぴょん歩くのが好きやったなぁ。

     

     

     

     

    立派な松の木たちも、大好き。

     

     

    本堂の中に入ると、いつも一気に時間が巻き戻される。

    十八羅漢さんの前に、小学生の自分といつもの仕事着姿の父が立っているような気がして。

     

    父はもうこの世にはいない。

    私もいずれ、いなくなる。

     

    でも、この空間はずっとこのままあり続けるんやろうなぁ。

    ・・あり続いていく世の中であってほしいなぁ、と、願う気持ちになる。

     

     

     

     

     

     

     

     

    雨が続いて、なかなか来られなかったけれど、やっと会えた花たち。

     

    「あの強い雨風にも折れたりしなかったんですよ」とお寺の方が教えてくれはった。

     

     

    あちこち蓮を見に行くけれど、ここは特にお気に入りの場所で、

    置いてある鉢も巨椋池系の品種も多く、もしかしたら貴重な蓮もあるんやないやろうか?

     

    もしも今年が最後になってしまうのなら、

    この蓮たちはどうなってしまうんやろう・・?

     

    一日に何度も見に行く、家のベランダの植物たち。

    仕事で張りつめた気持ちを癒やしてくれる存在やけど、

    このコらの生命は私にかかってるんやな、といつも思って接している。

     

    鉢植えの植物って、自生しているものよりも関わる人間に運命を左右されるものやから。

     

     

    いろんな事情があらはるんかも知れへんけれど

    萬福寺さんにこの蓮たちが咲いている景色はとても美しいと思うので、残念で仕方がない。

     

     

     

    どうか来年もこの景色が見られますように。

     

    見られないとしても、

    この蓮たちがどこかでまた花を咲かせられますように。

     

     

    「今月中くらいは咲いていますよ」とのことだったので、

    また会いに行こうと思う。

     

     

     

     

     

     

     

     



    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • おりんを包み込む蓮の花
      setsu
    • おりんを包み込む蓮の花
      corin
    • つながる思い
      setsu
    • つながる思い
      Sayoko
    • 黒檀の蓮華
      setsu
    • 黒檀の蓮華
      rico
    • 白い花
      setsu
    • 白い花
      マリ
    • 雨降り
      setsu
    • 雨降り
      マリ

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM