この音と、生きていく

0

     茗荷の花が、咲きました。

     

     

    苦手な外出が続いて、くたびれ果てて。

    ここ数日は仕事に集中。だんだん気持ちが落ち着いてきた。

     

    「ぱんぱんぱんっ」と木くずを叩いて、席を立つ。

    この音は、記憶の中の音といつも重なる。

     

     

    父は家で仕事をしていた。

    奥の仕事部屋から出てくる前に、いつもこの音が聞こえる。

    「お父ちゃん立ってきはる!」の合図の音。

     

    他にも木を削る音、削った木くずを吹き飛ばす音・・

    よく家に遊びに来ていた友人の記憶にも残っている音たち。

     

     

    もうずいぶん前になるけれど

    私が実家に行って荒彫りをしていたときに、母が

     

    「あぁ、懐かしいなぁ」

    と口に出したことがあった。

     

     

    いつも

    私達の日常に満ちていた音たち。

    母は、私の鑿打ちの音を聞きながら、どんな場面を思い出していたんやろう?

     

    他にも

    刃物を研ぐ音や、

    鋸を挽く音、

    鉋をかける音、

    いろんな音が耳に残って。

     

    今、私は記憶の中のその音に自分の音を重ねて。

    うまく重なる・・ということは、仕事が上手くいっているということで。

     

     

    仏さんとアクセサリーやねこは、刀の運びが違うので、音が重なることはない。

    私も仏さんを彫るときは、音が重なるときがある。

     

    そして今なら、思い出すだけで何を彫ってはったのかを感じとれる。

     

    あの音は、衣紋の曲線を彫ってはった音や。

    あの音は、阿弥陀さんの肩口を削ってはった音や。

     

    手元を見ていなくても、自分も彫るようになった今やからこそわかることがある。

     

     

    いつもいつも、

    丁寧に、

    一生懸命に、

    仕事してはったなぁ。

     

     

    母、兄、姉は、私の彫る音を聞いたとき、どんな場面を思い出すんやろう。

     

    母のお腹にいるときから、ずっと聞いていた父の音。

     

    他の家族が思い出にしてしまった音と

    私は今も、生きている。

     

     

     

     

     

     

     

     



    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • おりんを包み込む蓮の花
      setsu
    • おりんを包み込む蓮の花
      corin
    • つながる思い
      setsu
    • つながる思い
      Sayoko
    • 黒檀の蓮華
      setsu
    • 黒檀の蓮華
      rico
    • 白い花
      setsu
    • 白い花
      マリ
    • 雨降り
      setsu
    • 雨降り
      マリ

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM