随心院での出会い、如意輪観音さま

0

    世間では10連休の最終日。痛めている指を休ませたくて、思いきって外出してきた。

     

    向かった先は随心院。春期京都非公開文化財特別公開の最終日。

     

     

     

     

    子供の頃から何度も訪れているけれど、本堂にお参りした記憶がない。

    小野小町の化粧の井戸や、梅園の記憶だけ。

    「初めまして」の気持ちでお参りさせてもらう。

     

    中に入ると、随所で説明してくれはる人がおられて、

    興味深くお話を聞きながら奥へと進んでいく。

     

    お庭に面した所は撮影OKとのことで撮らせてもらうけれど、ついつい資料写真ばかりになってしまった。

     

     

     

    「こんな唐草彫ってみたいなぁ」と。

     

     

    その後本堂の中へ。

    たくさん並んでおられる人の列について、内陣にお参りする。

    中心の御本尊のお厨子、

    開いた扉の陰になりすぐ傍にいくまで仏さまのお姿は見られない。

    傍までいって驚いた。

     

    想像以上に大きな如意輪観音さま。

    涼やかな目元に、均整のとれたお身体。

    指先のこなしに思わず感嘆の声がもれる。

    特に足指、見とれてしまった。

     

    あまりにも素晴らしい仏さまに心奪われ、

    その後見た襖絵は頭に入ってこなかった。

     

     

    あまりちゃんと下調べせずに、ふらりと訪れた今日。

    手を伸ばせば届きそうな距離で、お会いすることが出来て幸せやった。

     

    普段訪れても扉は閉まっていて、

    もし開いていても内陣まで入れることはないとのこと。

     

    今日来られてほんまに良かった。

    ・・父は見たことあったんやろうか?

    ふと思った。実家からそれほど遠くないこのお寺、一緒に訪れたことも何度かあった。

    見てなかったんやったら、見せてあげたかったなぁ。

    出来れば一緒に、見たかったなぁ。

     

     

    仏さんを彫ることは、とても苦しい。

    私にとっては、

    とてもとても苦しい作業になる。

     

    それでも、

    素晴らしい仏さんに出会う度に思ってしまう。

    「こんなふうに彫りたいなぁ」って。

     

    自分の腕の未熟さをもどかしく思いながら、

    それでも必死に、

    これからも彫っていくんやろうな。

     

    ほんまに苦しいのに、やっぱり彫りたいって思ってしまう自分にあきれながら。

     

    「お父ちゃんの娘やから、仕方ないわ」って、

    諦めながら。

     

     

     

     


    7年目のスタート

    0

      昨日、「平成」から「令和」のタイミングで50歳になりました。

       

       

      長年かけ持ちしていた仕事を辞めて、木彫一本で再スタートをきったのが44歳の誕生日。

       

      朝起きて、

      「もう出勤しなくていいんや!一日中家で彫ってられるんや!!」

      と、めっちゃ嬉しかったのを覚えています。

       

      あれから丸6年が経ちました。

       

      彫ることは得意でも、お商売は苦手で、

      しんどいこともたくさんありました。

       

      くじけそうになって、求人誌のページをめくったことも、何度もありました。

       

      「彫り続けてほしい」

      そう言ってくれはったひとたちに支えられて、ここまで来ました。

       

       

      今までの人生、

      どこかのタイミングで

      ひとつでも違う決断をしていたら、

      今、周りにいてくれてはるひとには出逢えていないし、

      これからつながっていくご縁もなかったやろうし。

       

      いろんなことに感謝しながら、

      これからも彫り続けていきたいと思います。

       

       

       

      昨日は娘がお祝いしてくれました。

       

       

       

      「百歳まで彫るぞ〜!」なんて言うてる私やけれど、実際にはどうなることやら。

      自分の残り時間も意識しながら、出来るだけのことをやっていくしかないなぁと。

       

       

      これからも

      彫られる木の気持ち、

      使われる道具の気持ちを大切にしながら、

      自分勝手にならへんように仕事を進めていきたいです。

       

      手元にある木が、みんな幸せになれますように。

      この木たちを持つひとも、みんな幸せになれますように。

       

      すべて彫りきって、送り出して人生の幕を閉じられますように(笑)

       

       

       

       

       


      4月から5月へ

      0

        ゴールデンウイークが始まりましたね。

        10連休の方もおられるようですが我が家は関係なく、通常通りの日々です。

        間に誕生日があるので、その日は休もうかなぁ、

        でも多分、その日も短時間でも仕事するんやろうなぁ。

         

        決まった休みはないし、毎日長時間勤務やけれど、

        自分の段取りで仕事が出来るのは自由で幸せなことやなぁと思います。

         

         

        月が替わって、元号も替わって・・の、いつもとは違う世間の空気ですが、

        ひとつひとつ丁寧に仕事するということは、変わることなく続いていきます。

        いつも通りにこれからも、精進していきたいと思います。

         

         

        今年もささゆりが元気に育っています。


        伸びていく木と朽ちていく木と

        0

          街路樹に植えられたハナミズキ。

           

          しっかり根を張って花を咲かすようにと、支えをもらって立っている木と、

          切り倒されて皮を剥がれて、支えになっている木と。

           

          木が好きな私は、どちらの木にも目がいってしまう。

           

          ほぼ同じ太さ。

          真逆の運命で寄り添っている二つの木は、

          どんな気持ちでいるんやろう?

           

           

          ・・私はどっちなんやろう?

           

          ふと思う。

          自分に問いかける。

           

           

          誰かの支えになりたいと思う。

           

          でも、まだ、

          伸びていきたいとも思う。

           

           

           

           


          春、桜、こもって仕事。

          0

            桜が満開の週末。京都の街中は人で賑わっているのでしょうね。

             

             

             

            4年前の春に、伏見のお稲荷さんで撮った写真。

             

            時刻はお昼過ぎ。今はいつ行っても観光客でいっぱいで、

            こんな静かなお山の写真を撮るのは難しくなってしまいました。

             

             

            今はお地蔵さんの仕事です。

             

            仕事部屋はまだ少しひんやりして、夜には暖房が必要です。

             

             


            ふらりと伏見へ

            0

              納品に出かけた帰りにちょっと寄り道。

               

              決まった休みはなく、普段は家にこもって仕事をしている私は、

              外回りの仕事に出かけたときに少し息抜きをする。

               

               

               

              今日は伏見へ。久しぶりに御香宮さんにお詣り。

               

               

               

               

               

               

               

              ソメイヨシノはまだ蕾やけど、本殿の裏手に咲いている桜が。

               

               

               

               

               

              灯籠の裏側にハートを発見。今までまったく気がつかへんかった。

               

               

               

              ぶらぶらと酒蔵の辺りを歩く。お酒のいい匂い!

               

               

               

              桜にはまだ少し早いけど、水辺を歩くのは気持ちいい。

               

              でも、柳の木が・・去年の台風のせいやろか?

               

               

              枝葉も少なく、つっかえ棒をしてもらって・・「また元気に育ってな」と、思わず声をかける。

               

               

              長建寺さんのしだれ桜は満開で。

               

               

              今年もきれいに咲いてくれてて、見に来ることが出来て、良かった。

               

               

               

               

               


              待っていてくださいね

              0

                あちこちで桜の開花宣言が出始めたけれど、北向きの仕事部屋はまだ寒くて、

                暖房をつけながら仕事している。

                 

                刃物を研ぎ上げて

                「さぁ仕上げるぞ!」

                と思っても、握った刀が切れへんときがある。

                2分から4分までの切り出し刀が10本くらい。

                「あかん、切れへん」

                と順番に取り替えて握って削って・・

                全部が全部、納得いく切れ味のときはそうそうあるわけやないけれど、

                全滅のときは思わずため息が出る。

                 

                自分でも気がつけへんくらいの不調が研ぎに出る。

                難儀な仕事やなぁって思う。

                 

                「切れへん」って言うてもまったく切れへんわけやない。

                ただ、作品の最終仕上げで求める切れ味は、十分やなくて十二分。

                削った面が濡れたように光る、刃物が木に吸い付くような切れ味が私は欲しい。

                 

                気合い入れて研いだはずなのに、何でやろう?って考える。

                考えながら、十分の切れ味で出来る工程の別の仕事に切り替えたりするときもある。

                いろいろ考えながら、

                試しながら、

                また気持ちを整えていく。

                そしてまた研いでみる。

                 

                「こんなもんでいいわ」っていう仕事は出来ないので。

                 

                 

                たくさんいただいている注文の品を、順番に彫る日々が続いている。

                今までは直接受けた注文は、その方のことを思い浮かべながら彫ってきた。

                ただ、申し訳ないことに12月16日以降に受けた注文の方は、

                ほとんどの方がお顔とお名前が一致しない。

                それでも皆さん楽しみに待ってくれてはるやろうから、ひとつひとつ丁寧に仕上げていく。

                 

                逆にお顔が浮かぶのは、注文をお受け出来なかった方たちで・・

                 

                あまりの注文の数に対応しきれないと判断してオーダーストップをかけた後に、

                ギャラリーにお越しいただいた方・・

                 

                 

                私が彫っているものは

                仏さんやったり、

                アクセサリーでもお守り的な意味合いのあるものやったりするので、

                必要とされる方の想いも深い。

                だからお受け出来なかったことがとても悔しい。

                 

                あのときはもう限界やったから、お断りするしかなかった。

                でも、

                「私は生きている限り彫り続けるので、またお会いしましょうね」とお伝えした。

                次は手にしていただきたい。

                だから、気持ち整えて彫っていくしかない。

                 

                 

                ひとつひとつみんな行き先が違って、

                それぞれの方にとってたったひとつの存在になるもので。

                 

                私にとってはどの木もみんな大事で愛おしい存在やから、

                最高の仕上がりで待っていてくれてはる人の所へ送り出してやりたいと思う。

                 

                今お受けしている分を送り出した後には、

                次のご縁が待っている。

                 

                気持ちも身体も健やかに、

                しっかり彫り続けていかへんと。

                 

                 

                長時間座りっぱなしで膝が限界やったので、あぐらクッションをついに導入。

                 

                 

                しっかり丁寧に仕上げていく。

                 

                どんなに仕事が忙しくなっても、

                それはぶれたらあかんこと。

                 

                 

                だから、

                待っていてくださいね。

                 

                 

                 


                夢が叶って糸島の「のび工房」さんへ

                0

                   

                   十数年ぶりの博多駅。

                   

                   

                  前回訪れたときは福岡三越での催事。仕事での訪問やった。

                   

                  今回は旅行で。仕事以外で遠出するなんて、ほんまに久しぶり!

                   

                   

                  目的地は糸島。

                  京都・哲学の道から移転しはった「のび工房」さんへ。

                   

                  娘が小学生の頃、哲学の道にあった「洗心」というお店に作品を置いてもらっていて、

                  お店の手伝いにも行っていた。

                  その洗心と近かったのがのび工房さんで、その頃からのおつき合い。

                   

                  私が洗心でお店番をしている間に娘はのびさんの猫に会いに行くことも多く、

                  ずいぶんとお世話になった。

                   

                  のびさん姉妹は私の憧れのひと。

                  たくさんの猫たちと暮らすお家を建てて、たくさんの素敵な作品を作りながら活躍されている。

                  出身地の九州に戻られて6年。

                  いつか訪ねたいと思っていた夢がやっと叶った。

                   

                   

                  ストーブの前に集合している猫たち。

                  再会のコが3匹、初めましてのコが3匹の計6匹。

                  まったりと猫と過ごす時間のなんて幸せなこと。

                   

                  小学生やった娘も成人して、一緒にお酒が呑めるようになった。

                  久しぶりの再会に、

                  ゆっくりといろいろな話をしながら、楽しい時間を過ごさせてもらった。

                   

                   

                  そして海や山の素晴らしい景色。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   菜の花畑の上を歩くなんてことも初めて!

                   

                   

                   

                   

                  買い物に連れて行ってもらった産直市場には見たこともない野菜や、

                  びっくりするほど大きないちごが。

                  重たいのにいろいろと買い込んでしまった(笑)

                   

                   

                  売っているものが皆、原材料名がとてもシンプルで。

                   

                   

                  自宅に帰って美味しいパンを食べながら、もう遠くなった昨日のことを思い出している。

                   

                   

                  しっかりと呼吸が出来る暮らしやなぁと思った。

                  お二人への憧れと尊敬の念がますます強くなったし、私も頑張ろうと思った。

                   

                   

                  そしてやっぱり、

                  猫のいる暮らしはいいなぁと。

                   

                  猫と一緒に眠ったなんて、何十年ぶりやったかなぁ。

                  またこんな時間が過ごせるように、頑張って仕事していこう。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   


                  春の訪れ

                  0

                    遅れ込んでいた大きな仕事が仕上がって、ひと区切りついた。

                     

                    次は確定申告をやっつけて、それから順番に注文の品に取りかかる。

                     

                    3月もきっと、あっという間なんやろうなぁ。

                     

                     

                     

                     

                    JR桃山駅の彼岸桜が、早くも満開やった。

                     

                     


                    添い遂げるということ

                    0

                      2月。

                      一組の寄り添ったお地蔵さんを彫りながら、「添い遂げる」ということについて考えていた。

                       

                       

                      私には縁のなかったことやなぁ。

                      だから想像するしかないんやけれど。

                       

                       

                      例えば、コタツに入って一緒にTVを観ながら交わす会話やったり、

                      会話もなく過ごす時間やったり。

                       

                      小さな諍い、

                      大きな争い、

                      でも乗り越えて共に重ねる日々。

                       

                      許す気持ち、

                      諦める気持ち、

                      慈しむ気持ち、

                       

                      いたわり合って、

                      歳を重ねて、

                      やがて見送る方と見送られる方に別れ、

                      思い出す時間・・

                       

                       

                      もし今誰かに、

                      「添い遂げたかった?」と聞かれたら私はどう答えるんやろう?

                       

                      「いや、別に」

                      そう言うかなぁ〜って思ったときに、気がついてしまった。

                       

                      私が添い遂げる相手は「人」やなかったんやって。

                       

                       

                       

                       

                      ひとつでも多く、彫れますように。

                       

                      一人でも多くのひとに、手渡していけますように。

                       

                       

                       

                       

                       



                      calendar

                      S M T W T F S
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << May 2019 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • おりんを包み込む蓮の花
                        setsu
                      • おりんを包み込む蓮の花
                        corin
                      • つながる思い
                        setsu
                      • つながる思い
                        Sayoko
                      • 黒檀の蓮華
                        setsu
                      • 黒檀の蓮華
                        rico
                      • 白い花
                        setsu
                      • 白い花
                        マリ
                      • 雨降り
                        setsu
                      • 雨降り
                        マリ

                      recommend

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM