心静かに、ただひとりで

0

    仕事部屋には、荒彫りのお地蔵さんがいつも数体並んでいる。

     

    次に取りかかるお客様の名前を心の中でつぶやいて、

    お地蔵さん達を眺める。

    そして「このコや!」と思った木に手を伸ばす。

     

     

    どんなお顔にならはるんやろう?

     

    蓮台の丸を整えて、

    袖と手を彫り込んで。

     

    時々離れた所に置いてバランスを見ながら、少しずつ彫り進んでいく。

     

     

    家にこもって

    ただひたすら、

    木と道具と向き合う時間。

     

    気持ちの糸を張りつめて、

    その糸が切れてしまう1歩手前まで自分を追い込んで。

     

     

    しばらくは、そんな時間が続きます。

     

    もう少し待っていてくださいね。

     

     


    今年の夏の思い出は

    0

      8月31日。私が子供の頃は、夏休みの最終日。

      でも、娘の時代には京都市は8月最終週には学校が始まっていたので、あまり特別な思いはない。

      遠い日の自分が子供の頃の記憶より、まだ最近の親としての記憶の方が強く残っていて。

       

      それでも一生懸命思い出してみたら、

      田舎の海やったり、

      毎日行かされた学校のプールやったり、

      やっぱり休みの終わりに苦労した宿題やったり(笑)

       

      絵日記って描かされたなぁ。

       

      大人になると、特に変わりなく繰り返される季節の中で、

      「今年の夏の思い出は?」

      なんて誰かに問いかけられることもなく、

      発表する機会があるわけでもなく。

       

      でも、今年の夏はちょっと自分の胸にぐっとくる出来事があって。

       

       

      花火大会に行く事になった娘に

      「浴衣ってあったっけ?」と問いかけられたのが始まりなんやけど。

       

       

      宇治川花火大会がなくなってから、もう何年経つやろう?

      私が子供の頃も、

      娘が子供の頃も、

      見に行っていた花火大会。

       

      親と行っていたのがいつしか友達と行くようになり、恋人と行くようになり・・

      地元では誰もがそんなふうに、思い出を重ねていく行事やったけど、

      残念ながらなくなってしまった。

       

      その後、花火を見に行くことはなかったけれど、娘は今年、琵琶湖の花火を見に行くと言う。

      「浴衣なぁ〜、あったはずやけどなぁ」

       

      どこにしまい込んだやろう?

      探さなあかんなぁ。

       

      でも、買ってやったのは確か娘が高校生の頃。

      安物で生地も薄くて。

       

      それでも喜んで着てくれてたけど、娘ももう22歳。

      大人なんやし、もう少し良いもん着せてやりたい。

       

       

      忙しい娘にかわって、何軒か下見に行った。

      めちゃくちゃ良いもんはよぉ買うたらんけど、これくらいならなんとかなるかな?

       

      「浴衣、買いに行こか」

      そう言ったときの娘の驚いた顔。

       

      そして二人で選びに行って。

       

       

      何着かお気に入りの柄を選んで、試着させてもらう娘を、見つめていた私。

      広げて袖を通すと、吊してある状態でみているときと全然柄の印象が違って。

      1着ずつ違う雰囲気になる娘を「へ〜〜」「おぉ〜〜っ!」と眺めていた私(笑)

       

      ふと、その昔、振袖を選びに連れて行ってくれたとき、

      母はこんな気持ちやったんかなぁ?と思った。

       

      買ってもらえる本人も嬉しいけど、

      買ってやれる親も嬉しいんやな。

       

      浴衣と振袖では、値段のゼロの数が違うけど、

      揃えてやれることへの誇らしい気持ちや、

      無事に生長してくれたことへの喜びはきっと一緒なんやないやろうか。

       

      振袖姿の私と並んで撮った写真の、父のめちゃめちゃ嬉しそうな顔も思い出した。

       

      「お父ちゃん、お母ちゃん、ありがとう」

      今さらながら、そう感謝した。

       

       

      花火大会当日、

      髪のセットは、ずっとお世話になってる美容師さんに素敵に仕上げてもらって、

      浴衣の着付けは、結び帯やったから私にもなんとか出来て。

       

      「ありがとう」と何度も言って、

      嬉しそうに娘は出かけて行った。

      髪に、私の彫ったかんざしを挿して。

       

       

      これが、今年の夏の一番の思い出。

       

      あと何年、そばにいてくれるのかわからへんけど、

      幸せな時間をくれた娘に感謝している。

       

       

      そして、

      たくさんお仕事いただけるようになったから、こんなことがしてやれるようになりました。

      そのことにも、皆さんにも、深く感謝しています。

       

      これからも精進していきますね。

      よろしくお願いいたします。

       

       

       

       

       

       

       

       


      8月も最終週になりましたね

      0

         

        左手の中指。テーピング3重にして、その上に絆創膏。

         

         

        仕事を始める前に、最近は必ずこの状態に。

        なんか、枕か座布団みたいやなぁ。この上に刀が乗る。

         

        堅い白檀を彫り続けて薄くなった爪は、そのまま刀を握ると一彫りごとに「ズキン」と痛む。

        それを避けるために巻くテープも、半日も仕事をすれば圧力でぺったんこになる。

         

         

        怪我したとか調子が悪いとかいうネタを書くと、

        心配してメールをくれる方が何人かおられるので控えなあかんなぁと思うのやけれど・・

         

        でも、楽な仕事なんてあらへんもんね。

        みんな、何やかやしんどくても頑張ってはる。

         

        「私も同じように頑張ってます。お互い頑張りましょうね!」

        って言ってみたかっただけ、です。

         

         

         

        待っててくれる人がたくさんいはる。

        それは幸せなことやから。

         

         

        指は痛いけど元気に仕事しています。

        皆さまもどうかご自愛ください。

         

         

         


        また来年も・・と。

        0

          台風過ぎて、また厳しい暑さ。

          それでも先週くらいから風が変わって、少し楽になったなぁと感じる。

           

          ここからここまでがお盆休み!と決まっている暮らしやないけれど、

          息抜きしながら、仕事しながら、の日々。

           

           

          梅小路公園の夕焼け。きれいやった。

           

           

           

          13日の午後はいつものように、お墓参り。

          その後実家に行って、母と娘と三人で迎え火を焚く。

          25回目のお盆。

          今年も変わらず三人で迎えられたことを、ありがたく思う。

           

           

           

          今年のむかご。

           

          お盆で帰ってきている父のお膳に。

          好きやったように、わさび醤油で。

           

          母がちゃんとしてくれてるんやけれど、

          私の所にも寄ってくれていると信じて、必ず一度、お膳を準備する。

           

           

          今日16日、京都は五山の送り火で、

          みんな、帰っていかはった。

           

          「また来年」

          変わらず迎えられたらいいのに・・と思う。

          迎えられますように、と祈る。

           

          当たり前に繰り返していることが

          そうではなくなる日がいつかはやって来る。

           

           

          いろんなことに、言えること。

           

          だからひとつひとつ、大切に。

           

           

           

           

           

           

           

           

           


          ベランダのみかんの木

          0

             

            アゲハ蝶の幼虫に食べられた分を補うように、出て来た新芽。

             

            「えらいもんやなぁ〜」といつも感心する。

             

             

            文句言うこともなく(もしかしたら言うてるかもしれへんけど)

            ただ与え続け、

            そして黙ってまた葉を拡げる。

             

            この強さ、私にあるやろか?

            いや、あらへんなぁ。

             

             

            植物は強い。

            強くてきれい。

            根元に少し肥料を入れて、「ありがとう、お疲れさん」と声をかける。

             

            今、ベランダのどこか人目につかへん所でサナギになっているはずのあのコも、

            暑さに負けずに無事に巣立ってと願う。

             

             

             

            京都の夏は暑い。

            今年もクーラーのない仕事場で頑張っている私。

            仕事は山積み、バテてなんかいられへん。

             

            強くなりたい。

            あの木のように。

             

             

             


            7月の空へ

            0

              日中ずっと鳴いていた蝉が、やっと鳴き止んだ。

               

              今日も暑かった。

              でも熱中症にもならず、一日頑張れた。

               

               

               

               

              白檀の木は堅いので、

              押し負けてなぐりが出ぇへんように、刀を押す右手の親指に力を込める。

              外側のカーブより、内側のカーブの方が難しい。

              逆正(さかまさ)の変わり目に段がつかへんように、

              何度ももらい合いを繰り返しながら、柔らかく刀を運ぶ。

               

               

              仕事場で、りんを鳴らして手を合わす。

               

              どうか安らかにと、ただ祈る。

               

               


              彫りたいものは何ですか?

              0

                 

                 

                今年見た蓮たちです。7日の早朝、見に行って来ました。

                 

                 

                 

                 

                初めての種類にたくさん出逢えました。

                 

                 

                 

                 

                 

                散りたての花の美しさに魅せられました。

                 

                 

                 

                 

                 

                「こんなふうに彫りたいなぁ」と、作り手目線で眺める花と。

                 

                 

                 

                 

                ただただ「可愛い、きれい!」で眺める花と。

                 

                 

                 

                 

                「また蓮が彫りたいなぁ」

                そう、強く思いました。

                 

                 

                 

                 


                木とハイタッチ

                0

                  蒸し暑く、早くも熱中症になりそうな毎日ですね。

                   

                  制作、ご連絡、発送と、日々頑張っています。

                   

                   

                  電話をかけるのはやっぱり苦手でしんどい作業ですが、

                  「楽しみに待っていました!」

                  と言っていただくと気持ちも和みます。

                  また、お礼のメールや手紙も励みになります。

                  ありがとうございます。

                   

                   

                  私は箱につめる作業のときに、一つ一つの作品に必ず

                  「いってらっしゃい」

                  と声をかけます。

                   

                  「可愛がってもらいや〜」と、

                  「後は任せたで!」という両方の気持ちを込めて。

                   

                   

                  私の作品は、

                  仏さまはもちろんのこと

                  アクセサリーであっても、

                  お守り的な存在として求められる方がたくさんおられます。

                   

                  例えば、

                  ピアスをご愛用いただいている方が

                  「『今日も守ってね』と毎朝つけたときに声をかけるのよ」

                  と言ってくださったり。

                   

                  触れることで気持ちが落ち着く・・

                  それは、私の力ではなく木の力やと思っています。

                   

                   

                  私がいつも心がけているのは、

                  「自分勝手に仕事をしない」ということで、

                  木と相談しながら、それぞれの木の力、魅力が一番発揮出来る形に作り上げていくということです。

                   

                  だから大きさや木目を見て、その木に一番適した形に作り上げていきますし、

                  削られている木が気持ちいいようにしっかり刃物も研ぎます。

                   

                  「何になりたい」という木の気持ちも大切に、仕事をしているつもりです。

                  二人(?木やけど)の共同作業なのです。

                   

                  だから、

                  手にされたときの喜んでくれてはるお顔だったり、

                  「一生大切にします」の言葉だったり、

                  とても嬉しくて、

                  その木と「やったね!」とハイタッチしているような気持ちになります(笑)

                   

                   

                  私は、精一杯のことをして送り出しました。

                   

                  あとはその木が、

                   

                  ご縁があった方の元で

                  嬉しいときも悲しいときも、

                  そっと寄り添う存在であってほしい。

                  その方にとって、心安らぐ、気持ち華やぐ、

                  プラスになれる存在であり続けて欲しい。

                   

                  そう思い続けています。

                   

                   

                  まだまだお待ちいただいている方がたくさんおられます。

                  これからも木と気持ち通わせながら、

                  ひとつひとつ丁寧に仕事をして送り出していきたいと思います。

                   

                   

                   

                   

                   


                  ねじ花咲いた

                  0

                    ささゆりの根元から出ていた葉っぱ。

                    「株別れしたのかな?」と思っていた。

                     

                    花房がついているのに気がついたのは、ほんの数日前。

                    これはもしかしたら・・?と思っていたら、やっぱり。

                     

                     

                    咲いてくれたのは小さなピンク色の花たち。

                    「ねじ花」やった。

                     

                     

                    父が好きやった花。

                    家にあったけど、絶やしてしまった花。

                     

                     

                     

                     

                    人は、

                    死んだらどこへいくんやろう?

                     

                    あのすごいものを彫り出す手はもうないのに、

                    「自分で考えてみ」と言って、がははと笑う目も口もないのに、

                     

                    いつも私が弱っているときに絶妙のタイミングで何かを仕掛けてくるあのひとは、

                    いったいどこにいるんやろう?

                     

                     

                    「頑張れよ」と笑っている顔が見えるようで、

                    頑張らなあかんなぁ・・と気持ちを整える。

                     

                    いつも守ってくれて、

                    ありがとう。

                     

                    お父ちゃんの分も、彫っていきます。

                     

                     

                     

                     

                     

                     


                    お知らせとお願い

                    0

                      お久しぶりです。

                       

                      すいません、気持ちに余裕がなくて。

                      でも、お知らせしなければならないことがあるので久々に書いています。

                       

                       

                      お取引先に顔を出すと、

                      「ネックレスは置いてないですか?」とのお問い合わせがあるとお聞きします。

                       

                      和つなぎネックレスは、お店での販売は今のところありません。

                       

                      以前ブログでもお伝えしていますが、今年は注文分だけで精一杯です。

                      10年ほど前までは置いてもらっているお店がありましたが、

                      最近は個展での販売と、注文制作のみとしていました。

                      新規の注文も今は受け付けておりません。

                       

                      注文分を送り出した後、これからのことを考えていきます。

                      また決まったことはお知らせしていきますので、気長に待っていていただけないでしょうか。

                       

                       

                      それからもうひとつ。

                      私は、電話がとても苦手です。

                       

                      取るのも苦手ですが、かけるのはもっと苦手です。

                      「今忙しいんちゃうやろか?」とか

                      「電車乗ってはったり、車の運転中やないかな?」とか、

                      いろんなことを考えてしまいます。

                       

                      なので問い合わせ・ご注文は、HPからメールでのみお受けするという形をとっています。

                      (今現在はご注文はお受けしておりません)

                      メールは文章が残りますし、言い間違え、聞き間違えも少ないと思います。

                       

                      そういう形をとっていますが、昨年12月16日にギャラリーでそうお伝えした際に

                      「インターネットをしない者はどうしたらいいのですか?」というお声があり、

                      急遽その場でご注文をお受けしました。

                       

                      たくさん並んでご注文くださった方の中には、インターネットをされていてこのブログを読んでくださっている方もおられるのでは・・と思います。なので書かせていただきます。

                       

                      今、「出来上がりました」の電話をかけさせていただくことが、私にとって大きな負担になっています。

                      皆さん楽しみに待ってくださっているのはありがたいことなのですが、

                      本当に電話が苦手なんです。

                      なので「今日は電話をかける日!」と決めて、気合いを入れて何人か続けて連絡させていただいています。

                      そしてその日はもう、仕事は手につきません。

                       

                      気持ちを整えるのにまた時間がかかるのです。

                       

                      そのような状態ですので、携帯電話の番号をお伝えいただいている方にはCメールで連絡させていただいています。

                      細かく確認事項がある方は、その後お電話させていただいています。

                      どうかご了承ください。

                       

                       

                      お地蔵さんや和つなぎネックレスに使っている白檀は、堅い木です。

                      続けて彫ると、腕や指に負担がかかり、痛めてしまいます。

                      痛む腕や指と、早くお渡しせねばと焦る気持ちと・・

                       

                      なかなか厳しい状況の中、日々頑張って制作しております。

                      きっちり仕上げてご連絡させていただきますので、

                      待っていていただけますでしょうか。

                       

                      よろしくお願いいたします。

                       

                       

                       

                       

                       



                      calendar

                      S M T W T F S
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << December 2019 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • おりんを包み込む蓮の花
                        setsu
                      • おりんを包み込む蓮の花
                        corin
                      • つながる思い
                        setsu
                      • つながる思い
                        Sayoko
                      • 黒檀の蓮華
                        setsu
                      • 黒檀の蓮華
                        rico
                      • 白い花
                        setsu
                      • 白い花
                        マリ
                      • 雨降り
                        setsu
                      • 雨降り
                        マリ

                      recommend

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM