2019年もあと少し

0

    買い物に行く途中で、水浴びしている雀の群れを見かけた。

    「うわっ、寒そう!」思わず声が出る。

     

    もう少し先の街路樹ではふくふくに膨らんだ雀たち。

    また、ふくら雀のブローチ彫りたいなぁ。

     

     

    私は明日が仕事納め。

    31日、1日と休んで、二日酔いでなければ(笑)2日から仕事します。

     

     

    今年もありがとうございました。

    たくさんの新しいご縁をいただいた一年でした。

     

    来年も精進していきますので

    どうぞよろしくお願いいたします。

     

    皆さま良いお年をお迎えください。

     


    小さくて愛おしいもの

    0

      年の瀬に、小さなボケの木を我が家に迎え入れました。

       

      私はホームセンターが好きで(木材や工具を見るのが楽しくて)

      特に買い物がなくても足を運ぶことがあるのですが、

      園芸コーナーに並んでいた小さな鉢に一目惚れ。

      幹のひねり具合が可愛らしいなぁ〜と。

       

      でも、その日は買わずに帰りました。

       

      狭いベランダ、なるべくものを増やさないように・・と心がけています。

      今いるコたちが元気で、株分けで鉢が増えたりするからです。

       

      それに、植物も生き物、

      上手に育てたら、猫より長生きします。

      自分よりも長生きすることもあります。

       

      小さいから、安いからって簡単に手に入れるのはためらわれます。

      責任持って大事に育ててやらないと。

       

      本当に手元に置きたいのか?

      ひと呼吸おいて考えました。

       

      で、やっぱり傍にいてほしい、

      ご縁があるならまだ売れずに残っているはず・・と、3日後にまた見に行きました。

       

      残っていました!

      連れて帰って、用意していた鉢に植え替えました。

      数は少ないけど蕾もついていて、花が咲いてくれるのが待ち遠しいです。

       

       

      本当は白梅も欲しいのだけれど、「このコや!」と思う木に出逢えずに何年も過ごしています。

      ボケの盆栽も、昔家にありました。

      白梅も、大きな鉢でありました。たぶん私が生まれる前からあったんやと思います。

      娘が生まれた年には、一輪咲いてた花と一緒に写真を撮りました。

       

      どちらももう枯れて、残っていません。

      父が逝ってしまってからずいぶん年月が経ちました。仕方のないことやと思います。

       

      ささゆり、春蘭、黄梅、そしてボケ、

      みんな父との思い出の植物たちです。

       

       

      花が咲く頃、私は何を彫っているんやろうなぁ。

      時々小さな幹を撫でながら、気持ち整えながら、頑張って仕事しているんやろうなぁ。

       

      このコらの為にも、頑張って仕事しようと思います。

      大切に育てていきます。

       

       


      ひと区切りつきました

      0

        香合仏、無事に納まりました。

         

        17日の夕方に仕上がり、終わってホッとしてその直後に熱を出し・・

        翌日は年内最後の木彫教室。

        気合いで一晩で熱を下げて仕事に行き、晩にはまた熱が上がってダウン。

        それでも納品の日までにはなんとか熱が下がり、無事にお渡しすることが出来ました。

         

        今回お渡しした方は、昨年の「LIFE〜夢のカタチ〜」の放送を観て注文してくれはった方。

        今まで私が仏さまを彫らせてもらってきた方は、

        何年ものおつき合いがあるお互いよくわかり合えている方ばかりだったので

        正直不安でした。

         

        でも、

        私が父の仕事、思いを受け継いで仏さまを彫っているということにご自身の体験を重ねて

        「この人に彫ってほしい」と思ってくれはったとお聞きして、

        「あぁ、そういう角度から見てくれはったんやなぁ」と、とても嬉しかったです。

         

        跡を継いで続けていくことの難しさ、大切さを知っておられる方とご縁をいただいて、

        「大切にします」と言っていただきました。

         

         

        父の娘で良かったと、またあらためて思いました。

         

        そして、私が大切にしている思いを

        観ている方に的確に伝えてくれはった「LIFE」の皆さんに、あらためて感謝しました。

         

         

         

        小さな仏さまを彫るのに使うのは、小さな道具ばっかりで。

         

         

        これらの彫刻刀を使って、息を詰めて衣紋の曲線を彫りながら

        「この1ミリ幅のなめらかな曲線を彫るために、私はどれだけの時間を積み重ねてきたんやろう?」

        などと自分の来た道を振り返っていました。

         

        研ぎが悪いと話にならへんし、

        木のことをよくわかってないときれいな曲線は彫れへんし。

         

        とにかく、たくさんの木と道具と向き合う時間があって、

        今この1本の線が彫れる自分がいるんやなぁ・・と。

         

         

        「仏さまのお顔が見たいなぁ」と思ってくれてはった方もおられるかと思いますが、

        私がお作りする仏さまは、個人の方の念持仏です。

        お寺さんなど皆さんが拝まはる場所にお納めするものではありませんので、

        画像は載せないようにしています。

         

        自分が作ったものでも、自分のものではない。

        そう思っていますし、執着もないです。

         

        行った先で、そのひとに寄り添って仲良く暮らしてくれたらそれで幸せです。

         

        職人なんて、そんなもんやないでしょうか。

         

         

         

        さぁ、まだまだ仕事は山積みです。

        少し手と気持ちを休ませたいと、「気分転換に染木の仕事をしています」とお友達に話したら、

        「気分転換も彫ることなのね」と感心されました(笑)

         

        彫りながらいろいろまとめて、

        決まっていることをまた順番にお知らせしていきますね。

         

        よろしくお願いいたします。

         

         

         

         

         

         

         

         


        「あきらめる」ということは

        0

           

           今、手元には三つの香合仏。

           

          一つは父が彫ったもの、

          一つは20代の頃自分が彫ったもの、

          もう一つは、今自分が彫っているもの。

           

          どれも大日如来さま。

           

          香合の大きさも彫りの深さも違うから、似せて作るわけではなくて参考にする程度。

           

          レリーフは限られた厚みの中で立体的に表現しないといけないから、彫りの加減が難しい。

          すべてを彫るわけやないけれど、奥行きが感じられるように・・

          今作っている大きさに一番合う表現は・・?と、探りながら刀を運ぶ時間が続く。

           

          他の仕事と違って、仏さまの仕事はスッスッと進んでいっては来れへん。

          手が止まってしまうことも何度もある。

          じっと眺めて、考える時間が続く。

          私にとっては必要な時間なんやけれど、

          そんな時間が多くなると気持ちが焦る。

           

           

          「あ〜、お父ちゃんがいてくれたらなぁ〜」と思う。

           

          そやけど、

          もし父がいてくれたとしても、

          手助けして欲しいわけではない。

           

          そんなんしてもらったら、

          私の仏さんやなくなってしまう。

          それは嫌や。

           

          ・・苦しくて泣きながらそんなこと考えて、

          その答えにたどり着いて、

          やっと、今回もあきらめがついた気がした。

           

           

          それでも

          もしも父が今傍にいてくれて、

          この彫りかけの仏さんを見せたとしたら、

          なんて言うてくれるんやろう?

          そんなふうに思ってしまう。

           

          きっと、直接的に良い悪いは言わんと、なんか哲学的な物言いするんやろうなぁ。

          何でも「自分で考えてみ」って言うひとやった。

           

          でもきっと、最後に笑って

          「まぁ頑張り」って言うんやろうなぁ。

           

           

          同じ道で生きるものにしか

          わかりあえへん気持ちがあって、

          きっと私は父とそれを共有したいから、だから「いてくれたらなぁ」と思うんや。

           

          ひとりぼっちで仕事しているから。

           

           

          私がこの道に戻ったときには父も、他の言葉の通じる職人さんたちも他界していて、

          ずっとひとりで仕事してきた。

           

          探したら誰かいはったのかもしれない。

          でもそれをせず、

          ひとりを選んだのも自分やった。

           

          そやから仕方ない。

          自分で決めたことやと

          またあきらめる。

           

           

          「職人やから、注文きたら何でも彫らなあかん」

           

          父の言葉を思い出す。

           

          待っていてくれてはるのは、

          私の彫る仏さま。

          喜んでもらえるように、精一杯の仕事をするだけ。

           

          トンネル抜けて、

          刀切れが戻ってきた。

           

           

          あるひとが教えてくれた。

          「『あきらめる』っていうことは『あきらかにきわめる』っていうことなのよ」

           

           

          「あのひとの娘やから、仕方ないです。もうあきらめてます」

          多分そんな話をしたときやった。

           

           

          大変なことは多いけど、

          逃げずに、

          ひとつひとつあきらめていけたらいいなと思う。

           

          これからも。

           

           

           


          カレンダーのページををめくって

          0

            今年も最後の一ヶ月になりました。

             

            気持ちは焦るけど、目の前の仕事に集中・・です。

             

            拡大鏡をかけているから大きく見えるけど、

            実際には0、何ミリ単位の仕事で、なかなか進んでいきません。

             

            苦しい時間が続きます。

             

            それでも、

             

             

            「大丈夫、大丈夫」

            花月の蕾がそう言うてくれてるような気がします。

             

             

            急に寒くなりましたね。

             

            風邪などひかれませんように、

            皆さまどうぞご自愛ください。

             

             

             

             


            ただひたすら一生懸命に彫る

            0

              自分の纏う空気がピリピリしているなぁと思う。

               

              今、香合仏を彫っている。

               

              白生地で包まれた仏さまを手の中に

              3厘や5厘の彫刻刀で

              何日もかけて彫り進んでいく。

               

               

              仏さまの仕事をしている間は、

              何をやってても緊張している。

               

              洗濯干してても、ご飯作ってても、

              どこにいて何をしていても「今、仏さん彫ってるんや」ということが頭から抜けない。

              常に緊張状態。

              気持ちも身体も持たへんから、年に1、2体しかお作り出来ない。

               

               

              私は父のように、

              何百体もの仏さまを彫ってきたわけではない。

              持っている技術力も、

              父には到底かなわない。

              いつもそう思っている。

               

               

              でも、娘が言うてくれた。

               

              「お母さんの仏さんが欲しいひとは、お母さんの仏さんやないとあかんのやで」

               

               

              それは作り手としてとても幸せなことであり、とても苦しいことでもあると思う。

              だからいつも、あがきながら、

              今の自分に出来る精一杯のことをする。

               

              研ぎも、彫りも。

               

              もっと上手くなりたいよなぁと思いながら。

               

              「一生勉強や」

              父の言葉を思い出しながら、

              苦しくて、でも楽しくて

              なんとも言えない時間を過ごす。

               

               

              待っていてくれてはる方が

              その手の中でそっと蓋を開けはったときに、

              微笑んでくれはるように、

              そのお顔が見られるように、

               

              願いながら、ただひたすらに。

               

               

               

               

               


              来年の干支についてお知らせ

              0

                 秋の空に飛行機雲。

                 

                 

                11月になって、年賀状も発売されて。

                生協さんに買い物に行くと、クリスマスやお正月用品のカタログが。

                 

                一年早いですね。

                 

                 

                ここ何年か、干支は店頭販売はなく注文制作でお作りしていました。

                 

                ですがまだしばらくは新規のご注文はお受け出来ない状況ですので、

                干支のご注文もお受け出来ません。

                 

                申し訳ありませんがご了承ください。

                よろしくお願いいたします。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 


                気持ち整えて次の仕事へ

                0

                  今年もきれいに咲いてくれたホトトギス。

                   

                   

                  何日も図案を考えて、悩んで、やっと気持ちがまとまった。

                  図面を描いて、お手紙書いて、ポストに投函。

                  ふぅ。

                  ひと山超えた。

                  お返事はたぶん電話でしてくれはるやろう。

                  すぐ取れるやろか?移動中とか出れへんときやったらどうしよう・・

                  電話が苦手な私は、もう今から気が重い。

                   

                  ほんま、彫る以外の仕事はあかんなぁ。

                  今日はもう、気持ちがざわついてるし彫らんとこう。なんか手ぇ切りそうやし。

                   

                   

                  仕事をしながら、いろんなことを考える。

                  今年はたくさんの方にお会いした。

                  そんなことも思い出す。

                   

                  ほとんどの方が、

                  「身体に気をつけてくださいね、無理しないでくださいね」

                  と言うてくれはった。

                  それから、

                  「もっと自信持ってください」

                  って。

                   

                  ありがとうございます。

                   

                   

                  それぞれの方の手元に旅立って行ったコたちを時々思いながら、

                  先へ先へと進んでいく日々。

                   

                   

                  仏さまのおられる暮らし。

                  私にとっては、当たり前の日々。

                   

                  生まれたときから今までずっと、

                  そしてこれからもずっと続いていく時間。

                   

                  そんな日々が始まった皆さん、どんなふうに感じてはりますか?

                   

                  私の彫った仏さまは、あなたの支えになれていますか?

                   

                  ずっと仏さんと一緒に暮らしてきた私の彫る仏さんやから、

                  気ぃつかわはらへんでいいんですよ。

                   

                  例えば

                  「おはようございます」と声をかけて、

                  向かい合って朝食をとる。

                   

                  一日頑張って疲れた夜に

                  そっとほっぺを撫でながら

                  今日の出来事を話しかける。

                   

                  いろんな所に一緒に出かけて、

                  いろんな景色を一緒に見たり、

                   

                  特別な存在やろうけど、かしこまらずに共に時を重ねていってほしい。

                  そしたらきっと、

                  いてくれはることが当たり前になるやろうから。

                   

                  そんなふうになってくれはったら、

                  作り手としてとても嬉しいなぁと思う。

                   

                   

                  皆さんの

                  喜んでくれてはるお顔、

                  仏さまに向けるやさしい眼差し、

                  思い出しながら

                  励みにしながら、

                   

                  次の仕事へ。

                   

                  また喜んでくれてはるお顔が見たいから・・

                  さぁ、気合い入れて頑張ろう!

                   

                   

                   


                  季節は進む

                  0

                     

                     

                    たぶん3年くらい前のゴーヤの種。

                     

                    夏の終わり頃、

                    「芽ぇ出ぇへんやろう」と思いながら蒔いてみたら芽を出して。

                    こんなことならもっと早い時季に蒔いてやったらよかったと後悔しながら、

                    それでもすくすく育つ葉っぱや花に癒やされている。

                    これからどんどん寒くなるのに・・ごめんな。

                     

                    ミカンの木にはアゲハ蝶の幼虫があと3匹。

                    このコらにも、

                    「早よ大きなってサナギになって!」

                    と日々声をかけている。

                     

                    すでにサナギになっているコたちも見守りながら、

                    これからやってくる寒い冬、

                    その先に来てくれるであろう春を信じて。

                     

                    仕事で張りつめた気持ちの糸を

                    何度も何度も緩めてもらいながら、

                    今日も一日乗り越えられた。

                     

                     


                    響きますように、届きますように。

                    0

                      今日は納品で、お客様と京都駅で待ち合わせ。

                       

                      無事にお渡しして、喜んでいただけて。

                      次への元気をいただいて、笑顔でお別れして。

                       

                       

                      さて、せっかく京都まで出て来たんやから・・と、伊勢丹の10階催事場に向かった。

                      ちょうど仕事仲間の京都二方屋さんが「日本の職人展」(28日まで)に出展中。

                      お互い忙しくてなかなか会うことが出来ないから、久しぶりの再会。

                       

                       

                      初めて個展をさせてもらったギャラリーのオーナーさんがつないでくれはったご縁で、

                      一緒に仕事をするようになって、もう8年になる二方屋さん。

                      舞妓りんの別注シリーズの台座は、私の作品。

                       

                       

                      出会えてなかったら、

                      ひとつひとつ音色の違う「おりん」があるなんて、きっと今も知らずにいたんやと思う。

                       

                       

                       

                       

                      私自身も、数年前に手に入れた寸四のおりんを、仕事場に置いている。

                       

                      今日も家を出る前に「納品行って来ます」と鳴らしてから出かけた。

                       

                      「おりん」イコール「佛前で鳴らすもの」

                      ではないことも、

                      二方屋さんと出会わへんかったら知らずにいたこと。

                       

                      もちろんお墓参りにも持って行く。

                      でも、気持ちを整えたり、

                      気合いをいれたいときに鳴らす・・ということの方が多い。

                       

                      この掌に収まる小さなおりんの音色に、どれだけ私は救われてきたことか。

                       

                      音色は使い込むことで変化していく。

                      私のお地蔵さんや和つなぎたちと一緒やな、と思う。

                       

                       

                      いくつもの工程を、一つとして手を抜くことなく、

                      丁寧に、大切に、作り上げられているおりんたち。

                       

                      同じ想いで仕事をしている職人として、

                      一人でも多くの方に知ってもらいたい、聴いてもらいたいと願っている。

                       

                       

                       



                      calendar

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      << February 2020 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • おりんを包み込む蓮の花
                        setsu
                      • おりんを包み込む蓮の花
                        corin
                      • つながる思い
                        setsu
                      • つながる思い
                        Sayoko
                      • 黒檀の蓮華
                        setsu
                      • 黒檀の蓮華
                        rico
                      • 白い花
                        setsu
                      • 白い花
                        マリ
                      • 雨降り
                        setsu
                      • 雨降り
                        マリ

                      recommend

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM