ちくぼくせきそう・・・って?

0

     その昔、父が仕事場として借りた一軒の家・・・そこに掲げた看板が“竹木石草”でした。

    「なんで竹木石草なん?」と尋ねると、「竹と、木と、石のある草庵やからや。」との答え。
    ・・・きっと、一生懸命考えてたのでしょうねぇ。
    めっちゃ嬉しそうで、めっちゃ楽しそうな顔をしていました。

    刃物の研ぎ方も、かんなのかけ方も、みんなこの家で教わりました。
    仕事の話も、いっぱいしました。
     今はもう、帰れない場所です。

    だから、人生仕切り直してもう一度本格的に彫り始めた時に、
    屋号として使わしてもらうことにしました。

    気持ちはいつも、あの場所にあります。


    はじめまして

    0



      はじめまして。 木彫庵 竹木石草の庵主です。
      京都市のすみっこの方で、お仕事してます。
      木を彫りながら感じたことなど、
      ぼちぼち書いてみようかなぁと思っております。
      よろしくお願いします。



      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      << February 2020 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      • おりんを包み込む蓮の花
        setsu
      • おりんを包み込む蓮の花
        corin
      • つながる思い
        setsu
      • つながる思い
        Sayoko
      • 黒檀の蓮華
        setsu
      • 黒檀の蓮華
        rico
      • 白い花
        setsu
      • 白い花
        マリ
      • 雨降り
        setsu
      • 雨降り
        マリ

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM